サービス終了のお知らせ
ソユーズ18a号
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
ソユーズ18a号(Soyuz 18a、ロシア語: Союз 18a)は、1975年に打上げに失敗したソビエト連邦の有人宇宙飛行である。Soyuz 7K-T No.39ソユーズ18-1号とも呼ばれる。このミッションでは、軌道上のサリュート4号にドッキングすることを目的としていたが、ソユーズ打上げ機の故障のため、軌道に達しなかった。乗組員は、船長のワシリー・ラザレフと民間人のフライトエンジニアオレグ・マカロフであった。乗組員は、当初、中国に着陸してしまうことを心配したが、無事に帰還できた[2][3]
この事故は、3ヵ月後に行われることになっていたアポロ・ソユーズテスト計画の準備中に起こったため、通常は秘密主義のソビエト連邦によって公表された。ラザレフは事故から完全に回復することはなく、この後、再び宇宙に行くことはなかった。
目次
1.乗組員
└1.1.バックアップ
2.ミッションハイライト
3.パラメータ
4.出典
出典:Wikipedia
2020/01/27 15:03
ソ人気記事ランキング
2020/02/28 更新
 1位日本
 2位羽生ありさ
 3位水野朝陽
 4位住吉会
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant