サービス終了のお知らせ
ゼロエミッション車
▼人気記事ランキング
概要
ゼロエミッション車(ゼロエミッションしゃ、英語: zero emission vehicle 略語:ZEV)は、搭載された動力源から健康および環境に有害な二酸化炭素(CO2)や窒素酸化物(NOx)、一酸化炭素(CO)、炭化水素(HC)、粒子状物質(PM)などの大気汚染物質や温室効果ガスを含む排気ガスを排出しない車両である。電気自動車(EV)や燃料電池車(FCV)、自転車電動自転車ソープボックスなどが該当する。ハイブリッド車(HV)、プラグインハイブリッド車(PHV)は排気ガスを排出するためゼロエミッション車には含まれない。

ZEV規制[編集]

ZEV規制(英語:zero emission vehicle requirement)は、1990年にカリフォルニア州大気資源局が施行した、カリフォルニア州内で一定台数以上を販売する自動車メーカーに対し、ZEVを一定比率以上販売することを義務付ける制度。

規制値は年を追う毎に厳しくなっており、2018年現在ZEV販売比率が16%となり、クリアする対象車は電気自動車(EV)と燃料電池車(FCV)、そしてプラグインハイブリッド車(PHV)となる。加えて、同州内で2017年に6万台以上のクルマを販売した12社が対象になり、日本のメーカーではトヨタ自動車日産自動車ホンダマツダの4社が対象となっている[2]

同規制を導入している州は2019年11月現在、カリフォルニア州の他、アリゾナ、マサチューセッツ、ニューヨーク、オレゴン、メリーランドなど10州にのぼる[3]

また、欧州のイギリス、フランス[4]は2040年までに、インド[5]は2030年までに乗用車・バンの新車の販売をZEVに限定し、ガソリン・ディーゼルなどの内燃機関を搭載した車両の新車販売を禁止することを表明している。

各国のZEV規制状況[編集]

脚注[編集]

出典:Wikipedia
2019/11/27 04:31
ソ人気記事ランキング
2020/02/23 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位メイプルソープ事件
 4位第二次世界大戦
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant