サービス終了のお知らせ
わんぱく大昔クムクム
▼人気記事ランキング
1.概要
原始時代を舞台に、わんぱくな男の子・クムクムは仲間の子供たちや、村の人々との交流を通じて成長する姿を描く作品[1]

毎日放送が1975年3月の朝日放送とのネットチェンジ後に製作した、TBS系アニメの第1号である。アニメーション制作は創映社(現・サンライズ)が担当。企画ならびにキャラクターデザインは安彦良和が、監督はりんたろうが、音楽は宇野正寛が担当した。

1975年11月7日放送分の第6話までは『クムクム』というタイトルで放送されていたが、同年11月14日放送分の第7話からは『まんが・わんぱく大昔クムクム』と改題した。当時の記事では改題の理由として、「大自然の中で活躍する原始時代の子供」というイメージを強くすると同時に、視聴者に親しみやすいようにという意味が挙げられている[2]

クムクムたち子供の感性を、純粋な目線で友情などを描いているという理由で、中央児童福祉審議会の推薦を放送中に受けている[3]

[6]次ページ
(2.製作過程)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/12/26 06:01
ソ人気記事ランキング
2020/02/24 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位AV女優
 4位住吉会
 5位メイプルソープ事件
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant