わろてんか
▼人気記事ランキング
3.登場人物
3.5.その他の人々
落語家
演 - 桂南光
明治35年、京都で開かれた福楽座主催「くすり祭り」の寄席に出演するも、興行小屋に忍び込んだてんと風太に舞台を荒らされて憤慨し退席する。
八卦見[48]
演 - 海原はるか
八卦に来たてんに藤吉が運命の相手と答える。
八卦見[48]
演 - 海原かなた
リリコから賄賂を受け取り、八卦に来た藤吉にてんとの相性を大凶と答える。
安達 太平
演 - 白井哲也
乙女組の都の父。
ジェイソン・ハミル
演 - ブレイク・クロフォード
「マーチン・ショウ」の代理人ジェイソン・ハミルの名を騙る外国人。
阿久津 隆一
演 - 八十田勇一
陸軍主計少佐。名古屋出身。
工藤 隆一郎
演 - 栗原英雄
新世紀キネマの取締役[49]。栞に対して、「国にとって自由主義的傾向がある要注意人物」と指摘。北村笑店で映画を企画する栞を弾圧するため、各方面に手を回す。
検閲官(川西)
演 - 伊藤正之
内務省映画の検閲を行なっている。
てんが「お笑い忠臣蔵」の検閲保留の抗議に訪れた際、本音では脚本を好評価する一方、外部からの圧力により検閲保留になったことを示唆する。
隣組の男
演 - 小松健悦
隼也たちが暮らす長屋の近所に住む。渡米経験を持つ隼也夫婦に偏見を持ち、隼也一家が外国の音楽を歌い踊っていることに気づいて怒鳴り込み、アメリカの音楽を歌っていると苦言する。
大家
演 - 上村厚文
隼也たちが暮らす長屋の大家。
横山 治平(よこやま じへい)
演 - 西川きよし[50]
てんたちの疎開先の家主。
横山 新平
演 - 中川浩三
治平の息子。りんの夫の従兄弟。
横山 ミツ
演 - 宮川サキ
新平の妻。
[4]前ページ
(3.4.大阪の人々)
[6]次ページ
(4.スタッフ)

48. 役名はノンクレジット。第13話で登場。
49. 栗原英雄(ほぼ本人)さんのツイート 5:02 - 2018年3月15日(画像)
50. “最終章を彩る“目玉”キャスト 西川きよしさん出演決定!”. NHK PR. (2018年2月19日). http://www6.nhk.or.jp/nhkpr/post/original.html?i=13465 

~目次に戻る
出典:Wikipedia
2018/07/05 12:02
ソ人気記事ランキング
2018/07/15 更新
 1位梶居勝志
 2位麻原彰晃
 3位BANANA FISH
 4位土谷正実
 5位7月14日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant