サービス終了のお知らせ
ろうそく
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
ろうそく (漢字表記:蝋燭あるいは?燭英語: candle キャンドル)とは、綿糸などを縒り合わせたもの(ねじりあわせたもの)をにして、芯の周囲に(ろう)やパラフィンを成型したもののこと。成型後にろうそくから露出している芯の一端に火を点して灯りなどとして用いる。ロウソクローソクとも。
芯の先に点ったによって周囲の蝋が融けて芯に染み込み、さらに蝋が気化して燃焼することで燃え続けるしくみである。炎はほぼ一定の明るさを保つ[注 1]
芯として用いられるのは三つ編みにした綿糸(めんし)やイグサ(灯心草)で、芯を据えた型の中に蝋(ろう、パラフィン)を流し込んだり、融けた蝋を芯に繰り返し絡ませたりして作られる。
光源の明るさの単位「カンデラ(燭光)」は、もともと特定の規格のろうそくの明るさを基準として決められた単位である。
ろうそくに関する著作に、マイケル・ファラデー著の『ロウソクの科学』が有名。多数の訳書がある。
目次
1.歴史
2.分類
3.構造
4.用途
├4.1.照明として
├4.2.イベント・儀式の演出として
├4.3.熱源として
├4.4.計時器具として
├4.5.接着剤や潤滑剤、防水用として
├4.6.宗教儀式に
├4.7.香りのもと
├4.8.水虫の治療に
└4.9.その他の演出道具として
5.使用方法
6.脚注
├6.1.注釈
└6.2.出典
7.関連項目
8.外部リンク
出典:Wikipedia
2019/12/12 10:30
ソ人気記事ランキング
2020/02/17 更新
 1位日本
 2位黒谷友香
 3位槇原敬之
 4位岡崎美女
 5位野村沙知代
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant