やませ
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
やませ=偏東風(山背)とは、北日本の(主に東北地方)太平洋側で春から夏(6月〜8月)に吹く冷たく湿った東よりの風のこと[1]
寒流親潮の上を吹き渡ってくるため冷たく、水稲を中心に農産物の生育と経済活動に大きな影響を与える。やませが続いた場合、太平洋側沿岸地域では最高気温が20℃程度を越えない日が続く。
下層雲のほか、しばしば小雨霧雨を伴う事が多く[2]日照不足と低温による水稲の作柄不良(冷害)を招く[3][4]。気象用語的には山を越えて吹いてくるフェーン現象の性質を有する乾燥した風を意味し[5]北日本の太平洋側に吹く風とは異なっている。
目次
1.語源
2.概要
3.農業への影響
4.脚注
5.出典
6.関連項目
7.外部リンク
出典:Wikipedia
2019/10/04 09:30
ソ人気記事ランキング
2019/10/23 更新
 1位日本
 2位矢島健一
 3位山口組
 4位10月22日
 5位司忍
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant