もんじゃ焼き
▼人気記事ランキング
7.埼玉のもんじゃ焼き
久喜市をはじめ各地で食べられており、1970年昭和45年)頃の川越では駄菓子屋に鉄板のテーブルがあり、もんじゃ焼きは子供たちのおやつであった。

また、川口市の幸町、青木町あたりを中心として、1980年代(昭和年間)くらいまでは数店の駄菓子屋で提供されていた。川口においても呼称は『もんじゃ』ではなく、もっぱら『ぼったら』と呼ばれていた。しかし、店主の高齢化などにより駄菓子屋自体が減少し、今ではほとんど見られなくなった。

[4]前ページ
(6.足利もんじゃ(栃木のもんじゃ)焼き)
[6]次ページ
(8.讃岐のもんじゃ焼き)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/01/18 22:01
ソ人気記事ランキング
2019/05/27 更新
 1位日本
 2位小嶺麗奈
 3位キングコング: 髑髏島の巨神
 4位インデペンデンス・デイ
 5位研音グループ
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant