サービス終了のお知らせ
もののあはれ
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
もののあはれ(もののあわれ、物の哀れ)は、平安時代王朝文学を知る上で重要な文学的・美的理念の一つ。折に触れ、目に見、耳に聞くものごとに触発されて生ずる、しみじみとした情趣や、無常観的な哀愁である。苦悩にみちた王朝女性の心から生まれた生活理想であり、美的理念であるとされている[1]。日本文化においての美意識価値観に影響を与えた思想である。
目次
1.「もののあはれ」の発見
2.解釈の一例
3.無常との関係
4.脚注
5.参考文献
6.関連項目
出典:Wikipedia
2019/09/29 08:30
ソ人気記事ランキング
2020/02/18 更新
 1位日本
 2位黒谷友香
 3位水野朝陽
 4位岡崎美女
 5位野村沙知代
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant