みどりの窓口
▼人気記事ランキング
7.その他
国鉄時代のみどりの窓口(みどりの窓口がない特急・急行列車停車駅も含む)における指定券の発売時間は、前売の指定券が10時から17時まで、当日乗車の指定券は窓口の営業開始時間から当該列車の発車時刻までとなっていた。みどりの窓口がなく、かつ普通列車しか停車しない駅(『国鉄監修 交通公社の時刻表』ではその他の駅と表記していた)における指定券の発売時間は、前売の指定券・当日乗車の指定券共10時から17時までとなっていた。

JR化後の指定券の発行は4時30分から23時55分までに限定している。

以前は毎日9時57分から9時59分59秒(JST)までの3分間、1か月前発売時の窓口のフライング防止のため、すべてのみどりの窓口で指定券の発売ができなかった(ただし、自由席券や乗車券などオフラインで発行するものは発売可能だった)が、2007年10月1日より機能改修され廃止されている。

JRバスについては、マルス(みどりの窓口)による管理とは別に、2006年から、マルスの管理・運営をしている鉄道情報システムが開発した高速バス専用の座席予約システムである「高速バスネット」の運用が始まっている。路線によっては、別の高速バス専用の座席予約システムである「発車オ〜ライネット」による販売も行っている。→高速バス#マルスシステムでの高速バス乗車券・指定券発券を参照。

みどりの窓口では、乗車券や特急券など一般的な切符は切符の記載事項を英文にして発券することも可能である。ただし、端末の種類により英文での発行が不可能な場合もある。券の種類の下に説明が印字され(普通乗車券であれば"FARE TICKET")日本語の駅名の下にもローマ字で駅名が印字される。有効期限や注意事項も翻訳されて印字される。本来はジャパンレールパスなどを使用する訪日外国人へ指定券などを発行する時に使う機能であるが、日本人でも希望すれば英文で発券することができる。

前述のみどりの窓口のない駅員配置駅での指定券発行は、マルス指令(指定席計画〔JR西日本〕等会社により用語が異なる)あるいは決められたマルス端末設置駅へ電話を用いてのやり取りとなる。このため、発行駅での聞き間違いのないように、席番号についてはA席「アメリカ」、B席「ボストン」、C席「チャイナ」、D席「デンマーク」、E席「イングランド」と発音しているが[11]、これはAとD(デーと発音する場合)やB、C、D、Eの母音が同じために席番号の混乱を防ぐためである。発行駅では指定席内容を復唱して確認する。

国鉄時代は長らくクレジットカードが利用できなかったが、1985年に「JNRカード」(民営化後は「JRカード」)を発行開始したのを機にJRカードに限り[12]使用できるようになった。1990年代後半から国際ブランド(VISAMasterCardなど)のカードの取り扱いが始まり[14]、2004年にJR東海が国際ブランドのカードの取り扱い開始に踏み切ったことにより全旅客会社の窓口で一般カードが使用できるようになった。

[4]前ページ
(6.テレビ番組「みどりの窓口」)
[6]次ページ
(8.1.注釈)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/10/21 15:30
ソ人気記事ランキング
2019/10/23 更新
 1位日本
 2位矢島健一
 3位山口組
 4位10月22日
 5位司忍
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant