まんぷく
▼人気記事ランキング
3.あらすじ
昭和13年(1938年)春の大阪、高等女学校を卒業したばかりの今井福子は、地元の大手ホテル「大阪東洋ホテル」への就職と、数ヶ月後に控えた長姉・の結婚に胸をふくらませていた。ホテルの電話交換室に配属され仕事に慣れるため懸命な日々を送るなか、母・が突然腹痛で倒れ、咲の結婚式の延期を懇願するようになる。やがて鈴は咲が家を出た後の福子との2人暮らしに心許なさを感じ仮病を使っていたと判明し複雑な思いの福子だったが、折しも職場で自身の英語力が評価されフロント係に昇格する。そして福子から、貧しい中でも英語教育を続けてくれたおかげで昇進出来たと感謝され、恩返ししたいと聞いた鈴は、咲の結婚を容認。結婚式は予定通り行われ、感動に包まれた宴となる。

昭和16年(1941年)、福子は咲の結婚式で幻灯機を貸してくれた業者・立花萬平と偶然再会する。幻灯機の操作で結婚式に立会い、福子のスピーチとうれし涙を忘れられなかった萬平は、後日、彼女に交際を申し込む。福子も受諾し交際を始めるが、鈴は猛反対し別の男性との縁談を勧める。そんななか咲が入院、重い結核と診断され、心配する福子は咲が退院するまで会えないと萬平に告げる。萬平は福子の申し出を受け入れる一方、頑な態度を示す鈴に対して「咲が退院したら福子に結婚を申し込む」と宣言する。萬平の紹介で専門医のいる病院に転院した咲の容態は一見落ち着いて見えたものの、病状は深刻なものとなっていた。昭和17年春、駆けつけた親族に見守れらながら咲は死去。同年夏、咲を亡くした悲しみから立ち直れず、福子は萬平と会えずにいたが、咲の夫・真一に説得され、結婚を申し込もうと萬平の職場に駆けつける。その矢先、萬平は軍事物資横流しの罪の容疑で、憲兵に連行される。

[4]前ページ
(2.ロケ地)
[6]次ページ
(4.1.主人公)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2018/10/15 19:02
ソ人気記事ランキング
2018/10/15 更新
 1位日本
 2位AV女優一覧 あ行
 3位斉木楠雄のΨ難
 4位三浦和義
 5位今日から俺は!!
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant