ぶどう峠
▼人気記事ランキング
概要
ぶどう峠(ぶどうとうげ 武道峠)は、群馬県多野郡上野村長野県南佐久郡北相木村間に存在するである。

現在は群馬県道・長野県道124号上野小海線の一部で本峠の最大標高地点は1,510m。道路状況は狭隘で険しく冬期は積雪により通行止となる。

上野村から長野県側に抜ける峠としては、他に国道299号462号の一部となる十石峠があるが、1999年8月に発生した土砂崩れ災害により2004年まで通行止となった際には本峠が迂回ルートされた。しかし本峠も2007年11月上旬に県境から群馬県側数百メートルで路盤崩壊が発生し全面通行止となったが、2009年に解除された。

周辺[編集]

ぶどう岳:標高1,622m。本峠の名称由来となった山である。県境付近から北側に登山道が整備され石碑と地蔵が設置される。本登山道はさらに北側の新三郎山(標高1,681m)までアクセスが可能。
日本航空123便墜落事故現場:群馬側の国道299号分岐点から御巣鷹の尾根墜落現場登山口までの連絡路が存在する。

関連項目[編集]

日本の峠一覧
出典:Wikipedia
2019/05/20 20:31
ソ人気記事ランキング
2019/09/21 更新
 1位日本
 2位島田さくら
 3位逆鉾昭廣
 4位9月20日
 5位熊谷連続殺人事件
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant