サービス終了のお知らせ
ひまわり学生運動
▼人気記事ランキング
2.概要
2014年3月17日に立法院で、台中間のサービス分野の市場開放を目指す「サービス貿易協定」の批准に向けた審議を委員会で行っていたが、与野党が携帯式スピーカーを持ち込んで、100デシベル程の「騒がしい言い合い」になっており[3]、議事の進行を担当する与党・中国国民党立法委員議員)、野党・民主進歩党に占拠された講壇に上がることさえできなかったため、時間切れを理由に一方的に審議を打ち切った[4]。そのため、反発が広がった[5]

2014年3月18日午後6時(台湾現地時間)ごろ、サービス貿易協定を反対するデモ活動が行われ、同日午後9時過ぎになって、300名を超える学生のデモ参加者が立法院議場内に進入した。

なお、台湾の歴史上、民衆によって議場が占拠されたのは憲政史上初めてである[6]

立法院の外でも、学生たちを支持する市民が数千から数万人ほど集まり、デモを開いている[7][8]。抗議活動には、学生や市民のほか、台湾最大野党の民主進歩党なども、学生と歩調を合わせ、抗議活動を拡大させている[9]

[4]前ページ
(1.名称)
[6]次ページ
(3.過程)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/01/14 02:02
ソ人気記事ランキング
2020/03/30 更新
 1位まわり将棋
 2位今村昌平
 3位3月29日
 4位成宮いろは
 5位ジャーマンウイングス9525便墜落事故
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant