サービス終了のお知らせ
ひとつ屋根の下
▼人気記事ランキング
概要
ひとつ屋根の下』(ひとつやねのした)は、フジテレビ系列で放送された日本のテレビドラマ。主演は江口洋介

第1作(以下、パート1)は、1993年4月12日より6月28日まで毎週月曜日21:00 - 21:54に、「月9」枠で放送。

第2作『ひとつ屋根の下2』(以下、パート2)は、1997年4月14日より6月30日まで毎週月曜日21:00 - 21:54に、「月9」枠で放送。

概要[編集]

この年最もヒットしたドラマで、フジテレビの連続ドラマ史上最高の視聴率を記録。主人公のセリフ「そこに愛はあるのかい?」は流行語ともなった。また、トレンディドラマの象徴的枠であった月9ホームドラマが記録的ヒットとなったことはドラマ界全体にも影響を与え、ホームドラマブームが一時復活するきっかけとなった。第11話で記録した視聴率37.8%は現在もフジテレビドラマの歴代最高記録である。
1993年にパイオニアLDCからVHSで映像ソフト化された。
2015年3月18日にパート1とパート2をセットにした「ひとつ屋根の下 コンプリート Blu-ray BOX」が発売された[1]
2019年5月6日までFODTVerで【タイムスリップTVer】と題して、全話無料配信。
パート2
1997年にフジテレビからVHSで映像ソフト化された。
2009年8月7日、出演者の酒井法子に逮捕状が出され、当時再放送を行っていた北海道文化放送テレビ新広島は放送を途中で打ち切り、別作品の再放送に切り替えた。

ストーリー[編集]

かつて実業団のマラソン選手だったが、アキレス腱の故障で引退した主人公・柏木達也(江口洋介)は、自身の婚約を報告するために、7年前の両親の交通事故以来生き別れになった兄弟達を訪ね歩く。妹の小雪以外最初は達也を拒絶していた兄弟達も徐々に理解を示し、話が進むにつれてやがて達也の下で兄弟皆が暮らすようになる。毎日喧嘩ばかりしながら少しずつ絆を深めていくが、やがて家族が崩壊の危機に瀕する出来事が何度も訪れる。

キャスト[編集]

柏木家[編集]

柏木家の年齢は「パート1」時点でのもの。

演 - 江口洋介
柏木家の長男。高校卒業後、企業の実業団マラソンランナーとして世界選手権に入賞するなど活躍。予定では退社後に結婚し、クリーニング店を経営する為に戻って来るが、文也を引き取った事を発端に婚約が破談になり、兄弟達と暮らす事になる。愛称は「あんちゃん」。ちょっと気が短いところがあり、直情家でお調子者の面が見られるが、人情味あふれる性格で、幼稚園時代の先生からの教えが人生の指針となっている。好物はプリン。 「1」と変わらず、平凡な毎日を送っている。小雪にお見合いを勧める。 演 - 福山雅治
柏木家の次男で沈着冷静な性格。文京大学医学部の研修医。愛称は「チイ兄ちゃん」。両親の死後、望まれた事もあり、父(開業医)の友人である木内家の養子となる。実子がいるにも関わらず、後継ぎになることが約束されており、会いに来た達也に札びらを切って怒らせた事もあるが、小梅がキャバ嬢のアルバイトをした事をきっかけに達也の下で暮らすことを決意。血の繋がらない妹・小雪に恋心を抱いている。小雪には高校生の頃プロポーズした過去も。 冒頭で海外に赴任。終盤付近で帰国し、小雪にプロポーズをする。 演 - 酒井法子
柏木家の長女でおっとりした性格。高校生の頃に、子供のなかった親戚の家に引き取られるが、短大在学中、養父母の離婚を機に自立。そこで知り合った日下部の紹介で卒業後、大手企業OLとなり、日下部と不倫を続けていた。しかし達也の出現などで日下部との関係を終了、同時に退社して達也の家に引っ越す。その後はクリーニング店を手伝いながら、母親代わりをつとめるしっかり者。他の兄弟と血の繋がりがないのを(達也たちの父が経営していた病院で産まれた小雪の実の親がいなくなってしまったのでそのまま柏木家で育てることになった)下の弟妹達に知られ、距離を置かれた時は悩んで家出した事もあるが、そこで実母と異父妹の恵の姿を見てショックを受ける。そして自販機の前で接触を持った恵に対して(事実を名乗らないまま)「私のお母さんは7年前に亡くなったの」と話して聞かせている。幼少期に何回か京子に手紙を貰ったりしていた為、自分自身が養女だと知っており、小学生の頃に「私はひとりぼっち」と作文に書いてしまい、大泣きした柏木の父に殴られた事がある。 達也への想い、雅也からの想い、前園からのアタックに心揺れる。終盤付近で白血病を発症。 演 - いしだ壱成
柏木家の三男。性格は達也同様、直情的で怒りっぽいところがある。高校生の頃、引き取られていた親戚の息子を庇い、傷害事件を起こし少年鑑別所に収容され、高校を中退。不良じみた言動も見られるが、昼間はおしぼり工場で地道に働いていた。窃盗の疑いを掛けられた際に、身柄を引き受けに来た兄達に心を開き、同居。自動車修理工場に勤めたりもしたが、クリーニング店を手伝うようになってからは、夜遊び・不良仲間との接触等はなくなっていった。 マラソンランナーを目指す。実希と真澄が家に来た事から、庭のテントで寝起きする羽目になる。のちに元の不良仲間に再会。ジャージ姿を笑われた事もあるが、実希を弟と再会させる時には皆で協力しあった。 演 - 大路恵美
柏木家の次女。両親の死後、親戚の高橋家に引き取られていた時には自分を疎む由佳里の気持ちを理解していたこともあり、意地っ張りでやや暗めの性格だったが、達也たちと暮らすようになり、次第に本来の明るさを取り戻してゆく。真面目で学業成績も良好だが、大学への進学資金のためにキャバクラでアルバイトを試みるなど、大胆な面もある。料理は苦手。17歳の誕生日にレイプに遭い、心に傷を負ってしまうが、達也がマラソンを走っている所を見て、告訴することに。高校2年生。 二浪の末に中央大学(ドラマ内での設定は“横浜学芸大学”)に進学。テニスサークルで知り合った大学生と交際する。 演 - 山本耕史
柏木家の四男。両親との死別後は、長野県の母の実家へ跡取りとして引き取られていたが、養父母に息子が生まれ、疎まれ出した頃、バイクとの衝突事故で両膝の神経を損傷。生涯、半身不随を宣告された事により施設へ入居する事になる。車椅子で生活。施設では一言も言葉を発さず、自閉症だと思われており、兄弟とも当初は話そうとしなかった。引っ込み思案な性格だが、兄弟との同居生活で、次第に明るさをとりもどす。穏やかで理知的な性格。施設にいた頃から日常的に絵を描いており、画家を目指すようになる。通学はしていないが、書類上は中学3年生となる。 絵を習う傍ら、寺田奈美と文通を開始するが、コンプレックスから和也に代理を依頼した事もある。

中川家[編集]

演 - 安達祐実
京子の娘で小学生。小雪とは異父姉妹だが、事実を知らぬまま、家出して母に会いに来た小雪と言葉を交わしている。 小雪の異父妹。両親と新潟で暮らしている。小雪との間柄を両親から聞かされ、父から諭されて小雪を救うため、母とともに東京へ。 演 - 風吹ジュン
小雪の実の母。高校生の時に小雪を出産するが、育てられず柏木家に引き取ってもらう。のちに結婚し、新潟で小料理屋を経営するが、資金繰りに困窮し、柏木家に無心に現れる。
中川 誠次
演 - 加藤善博(パート2)
京子の夫で恵の父。京子の過去にショックを受け、京子を殴ってしまったが、翌日には小雪を救う様に恵に話して聞かせる。

その他[編集]

演 - 山本圭
柏木兄妹の亡き父の友人で、一家の後見人。通称「ゆきおじさん」 普段は能天気な言動が見られるが、大事な場面ではきちんと決める。大学病院からの誘いもあるが、権威主義が嫌いなことと、自分を信頼する患者(多くは貧しい)のために診療所を続けている。柏木兄妹の母に想いを寄せていたが、振られたという過去を持つ。
柏木夫婦が亡くなった時、海外の紛争地域に医療ボランティアに行っており、連絡が取れず、知らなかった。
小梅がレイプされた日、自宅まで送っていかなかったことに責任を感じている。

木内 裕蔵
演 - 清水紘治
柏木兄妹の亡き父の友人で、母・ともこの元婚約者。彼女への想いを断ち切れずに容姿が似ている雅也を養子にしていた事もある。当初は守銭奴的な面が見られたり、思想の違い・三角関係の末に失恋した事による嫉妬心などもあり、友人であった柏木兄妹の父を罵った事もあるが、根っからの悪人ではなく、雅也との養子縁組解除後も、時には達也達に理解を示し協力をする事もある。京子への手切れ金を雅也からの依頼で用意している。 小雪を救うため、広瀬と共に執刀。弱気になった雅也を叱りつける。
木内たけし
演-日高哲也
木内家の次男で雅也の義理の弟だった。雅也ほどは成績が良くなく、父から冷遇されるが、雅也が柏木家へ戻る事と前後して、横浜医科大を受験し医者
を目指すと父に宣言するも、病院経営の器ではないと言われてしまう。雅也に対しては憧れに近い感情を抱いている。

パート1[編集]

舞台関係者[編集]


演 - 内田有紀
雅也の勤務する病院に入院する舞台女優。プライドが高く、周囲を翻弄するような言動が見られるが、次第に雅也に心惹かれてゆく。柏木家に来訪した時に、小梅から憧れの目を向けられた。心臓病を理由に、医師から止められていた舞台に命がけで立つ。
三船 愛子
演 - 中谷美紀
利奈のライバル女優。一旦は主役を得るが、利奈の復帰で失脚する。

達也の関係者[編集]


演 - 鈴木ほのか
達也の婚約者だったが、解消。訪れた小雪に対しては解消の理由を、文也を引き取った事だけではなく、何でも自分ひとりで決めてしまう達也の強引で自由すぎる性格についてゆけなくなった、と話す。職業は通訳。
榊 隆雄
演 - 川津祐介
千鶴の父。達也のマラソン選手時代の関係者で、当初は結婚に賛成していた。婚約解消について、娘が苦労することを分かっていて、結婚させる気にはなれないと話した。

小雪の関係者[編集]


演 - 辰巳琢郎
小雪の同僚で人事部担当の部長。既婚者だが小雪が短大生だった頃から、不倫関係にあり、採用に関して暗躍をした様子。小雪の退社後もしつこく食い下がるが、兄弟達からの脅しで関係を清算。学生時代からボクシングの心得がある。スケジュールの都合で途中降板。

和也の関係者[編集]


演 - 千葉麗子
芸能事務所からのスカウトも多い美人女子高生。公園で犬を散歩させていた所を和也に一目惚れされる。その後、小梅の同級生として家に遊びに来る。彼氏の子供を妊娠してしまうが、自分に好意を持つ和也を都合良く利用して中絶し、思わせぶりな態度をとる。しかし和也に気を持たせたまま相馬と復縁していた。この事で友人だった小梅からも、距離を置かれるようになる。
相馬 良喜
演 - 真野圭一
スキーのナンパで知り合い、一夜の関係だった詩織の妊娠を和也に告げられ、最初は取り合わないが、のちに中絶をした彼女と復縁していた。文教大学の医学生で雅也の後輩。
社長
演‐河原さぶ
和也が働いていた工場の経営者。和也に対して好意的に接していたが、金の工面に困っており、180万円を盗難されたと狂言。事務員が警察に知らせた為、和也が警察に疑われ、同僚の詮議と暴言にキレて暴力を振るい、連行されてしまう。後に和也の為に達也が勝手にお金を立て替えたが、柏木家に返しに来て謝罪した。
刑事
演 - 大杉漣
鑑別所に入っていた和也に対し、悪意に近い歪んだ感情を抱き、何かと注視。管轄内で発生した傷害事件に関して、証拠もないまま和也が勤務する工場へ押し掛け、横柄な態度で犯人呼ばわりした末に暴力を振るう。誤解から連行された和也への行き過ぎた取り調べを注意した上司に対しても悪態をつく。

小梅の関係者[編集]


演 - 村上里佳子
小梅が大学の入学費用の為にバイトをした店のNO.1キャバクラ嬢でシングルマザー。辞めさせようとする達也たちの存在を知り「できれば止めた方がいい」と小梅を心配していた。クリーニング店の顧客でもある。斉藤に結婚を申し込まれた時、達也を当て馬に利用する。源氏名:ジャスミン。
高橋 由佳里
演 - 神崎恵
小梅が引き取られていた家の娘で、小梅と同い年であり小4から高校まで同級生(それぞれの母が、いとこ同士である為、血縁的には又従姉妹となる)。成績が良い方でなく優等生の小梅との比較、相部屋、気遣いの要求などに不満を感じ嫌がらせをしてしまう。のちに、家を出る事になった小梅に礼を要求し、ビンタを喰らう。兄の名は治。

文也の関係者[編集]


演 - 河合美智子
美大生。公園で出会い、自宅で文也に絵の基礎を指導をしていたが、文也の絵を盗作した上、姉へのコンプレックスから、言葉の暴力で、彼を自殺未遂にまで追い込む。兵頭五郎の義妹に当たるが、彼に不倫を迫ったり、文也にもキスしたり胸を触らせたりとメンヘラ気質。
兵頭 五郎
演 - 小木茂光
文也の絵の先生。美大の講師として生計を立てていたが、画家に専念して文也を教えるようになる。過去に高校で美術の講師をしていた頃、交際中だった女性(のちに結婚)の妹である女生徒と一度デートし、告白されている。
斉藤 博幸
演 - 寺脇康文
大手繊維メーカー勤務のエリートサラリーマン。キャバクラで登志子を指名している内に、恋心を抱くようになるが、ややおとなしめの性格が故、なかなか言い出せずにいた。恋人がいると嘘をついた彼女にしつこく食い下がり、仙台への転勤前の一か八かでアタック。のちに登志子と結婚することになる。
熊沢 慎二
演 - 中丸新将
弁護士。
大橋 里枝子
演 - 萩尾みどり
弁護士。

パート2[編集]

柏木家の関係者[編集]


演 - 松たか子
柏木家に居候する娘。粗野な言動が見られるが、本心は心優しい。和也と良いムードになる。意識不明の母のために治療費を稼いでいたが手術の結果、死亡を確認。いずれお墓を作りたいと思うようになる。
早川 真澄
演 - 黒田勇樹
柏木家に居候する事になった東京大学を目指す浪人生。中性的な風貌と態度からオカマ呼ばわりされる。
小雪は外見や名前の印象から当初女の子だと勘違いし、「真澄ちゃん」と呼んでいた。

その他(パート2)[編集]


演 - 伊藤裕子
腹黒い面を持った女子大生。父が再婚する予定の真理子の息子である南雲に恋心を抱いている為、小梅に嫉妬し、嫌がらせをする。家は資産家の様子。
望月 章吾
演 - 森田剛
実希の弟。グレていたが、和也の協力で姉と再会を果たす。
早川 百合江
演 - 藤田弓子
真澄の母。素朴な雰囲気を持ち、息子を心配している。
前園 俊雄
演 - 宇梶剛士
前川の紹介で、小雪と見合いをする。一旦断られたが、その後も実際には存在しない双子の兄に成りすましたりなどして付いて回り、達也から「スニーカー?」(ストーカーの間違い)と言われてしまう。通称「ピカリン」
前川
演 - 冨士眞奈美
柏木家の近所の住人。小雪に見合いを持ち込んだ。通称「角の前川さん」
飼い犬にロースハムをおやつに出している。パート1でも名前だけ度々出てくる。
川村 泉
演 - 渡辺由紀
和也のトレーニングコーチ。達也に想われていた。
根本 裕司
演 - 堀真樹
井上 友史
演 - 北村総一朗
寺田 奈美
演 - 浅井江理名
文也の文通相手の美少女。視力障害にコンプレックスを持っていた事から、文也に会う事になった時には友人に代理を依頼。
南雲 俊平
演 - 村田泰則
小梅と一緒のテニスサークルに所属する大学生。
小梅と交際をするが、美保に横恋慕され嫌がらせされるが、母を思い強気に出られずにいた。
南雲 真理子
演 - 山村美智子
南雲の母。美保の父と再婚の予定。
寺田 良美
演 - 中村久美
奈美の母。
寺田 繁
演 - 山路和弘
奈美の父。
津山 新一
演 - 古川九一
和也のかつての不良仲間。
パート2では小沢の舎弟になっているが、最終話で小沢を裏切り殺害する。
橋田 篤
演 - 山下徹大
小沢
演 - 山本顔ノ介
和也の不良仲間。
実希を弟と再会させる時に活躍するが、のちに舎弟の津山に裏切られ殺害されてしまう(この時、和也の名を呼び、にこやかな笑みを浮かべていた)。
ヨシカワ ミチコ
演 - 藤原紀香
クリーニング屋にバイトの面接に来た。22歳。

スタッフ[編集]

パート1
脚本 - 野島伸司
音楽 - 日向敏文
演出 - 永山耕三中江功
主題歌 - 財津和夫サボテンの花〜ひとつ屋根の下より〜
挿入歌
チューリップ「青春の影
チューリップ「ぼくがつくった愛のうた
プロデュース - 大多亮(フジテレビ)
パート2
脚本 - 野島伸司
音楽 - 日向敏文
演出 - 永山耕三、武内英樹高丸雅隆
主題歌 - チューリップサボテンの花
挿入歌
チューリップ「青春の影」
チューリップ「ぼくがつくった愛のうた」
Le Coupleひだまりの詩
Le Couple「夕映え」
プロデューサー - 杉尾敦弘

受賞歴[編集]

ひとつ屋根の下2(1997年)
第13回ザテレビジョンドラマアカデミー賞
最優秀作品賞

放送日程[編集]

パート1(1993年)[編集]

パート2(1997年)[編集]

初回は30分拡大(21:00 - 22:24)
第11回は15分拡大(21:00 - 22:09)
最終回は26分拡大(21:04 - 22:24)。

その他[編集]

福山雅治が演じた柏木雅也の「あんちゃん」や「小雪ぃ…」というセリフは、現在でも芸人が福山のモノマネと称した芸を披露する際、高い頻度で使用される。福山本人は「あんな言い方してない」と言いつつも、「ドラマを見返してみると、結構(モノマネ風に)言ってるんですよね」と発言したり、自虐的にそのフレーズを自身のモノマネ風に披露したりすることがある。
南木佳士作の小説『ウサギ』に、本作が登場しており、作中に重要な役割を占めている。
『ひとつ屋根の下2』の最終話は30%超えの高視聴率を記録したが、その結末には賛否の声が上がっている。その要因は、話の前後で辻褄があっていない展開などで、視聴者に解釈を委ねる場面や描写が多いことによる。後に再放送で最終話を見たケンドーコバヤシが『にけつッ!!』にて、千原ジュニアと、納得のいく解釈を試みたが、結局答えが出なかった。

脚注[編集]

出典:Wikipedia
2020/02/22 13:30
ソ人気記事ランキング
2020/02/25 更新
 1位日本
 2位住吉会
 3位AV女優
 4位水野朝陽
 5位羽生ありさ
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant