サービス終了のお知らせ
ひずみ
▼人気記事ランキング
2.定義
ひずみの大きさに応じて、変形の解析は3つの理論に分類される。
微小ひずみ理論(小ひずみ理論、小変形理論、小変位理論、小変位勾配理論)
ひずみと回転の両方が小さい場合において適用される。この場合、物体の変形前と変形後の状態が同じであるとみなすことができる。これは、コンクリートや銅のように弾性挙動を示す材料において用いられる。
有限ひずみ理論(大ひずみ理論、大変形理論)
任意の大きさの回転とひずみの両方による変形において適用される。この場合、連続体の変形前と変形後の状態が大きく異なっており、それらを明確に区別する必要がある。また、変位とひずみの関係は非線形となる。これは一般に、エラストマー塑性変形材料、その他流体、生体軟組織などにおいて用いられる。
大変位理論、大回転理論
ひずみは小さいが、回転と変位が大きい場合において適用される。
それぞれの理論において、ひずみの定義が異なっている。工学ひずみは微小変形の場合に用いられ、機械工学や構造力学などで利用される材料に適用されている最も一般的な定義である。一方、エラストマーやポリマーなど、工学ひずみが1%を超えるような[4]大きな変形を条件とする材料においては、ストレッチ対数ひずみグリーンひずみアルマンジひずみといった、より複雑なひずみの定義が必要となる。
[4]前ページ
(1.概要)
[6]次ページ
(2.1.微小ひずみ理論)

4. Rees, David (2006). Basic Engineering Plasticity - An Introduction with Engineering and Manufacturing Applications. Butterworth-Heinemann. p. 41. . http://books.google.ca/books?id=4KWbmn_1hcYC. 

~目次に戻る
出典:Wikipedia
2018/03/17 05:30
ソ人気記事ランキング
2020/02/19 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位黒谷友香
 4位岡崎美女
 5位野村沙知代
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant