サービス終了のお知らせ
ひずみ
▼人気記事ランキング
1.概要
物体の一般的な変形は、変形後の物質点の位置x が基準位置X の関数であるとしてx = F (X ) で表される。この変形に対して、例えば、ひずみは以下のように定義される。
したがって、ひずみは無次元の物理量である。ひずみは、変形がどの程度与えられたかを表している[2]
ひずみは応力と同様に、垂直成分とせん断成分に分解することができる。物体において、部材軸方向に沿った変形を表すのが垂直ひずみ、部材軸と垂直な方向の変形を表すのがせん断ひずみである[3]
物体の長さが増加している場合、垂直ひずみは引張ひずみと呼ばれるが、逆に減少している場合、圧縮ひずみと呼ばれる。
[6]次ページ
(2.定義)

2. Lubliner, Jacob (2008). Plasticity Theory (Revised Edition). Dover Publications. . オリジナルの2010年3月31日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100331022415/http://www.ce.berkeley.edu/~coby/plas/pdf/book.pdf. 
3. Rees, David (2006). Basic Engineering Plasticity - An Introduction with Engineering and Manufacturing Applications. Butterworth-Heinemann. . http://books.google.ca/books?id=4KWbmn_1hcYC. 

~目次に戻る
出典:Wikipedia
2018/03/17 05:30
ソ人気記事ランキング
2020/02/29 更新
 1位日本
 2位羽生ありさ
 3位水野朝陽
 4位2月28日
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant