はやぶさ (探査機)
▼人気記事ランキング
3.ミッション背景
3.2.目的地の変更
1994年に本格化した計画当初、目的地の小惑星は (4660) ネレウスであった。しかしM-Vロケットで打ち上げ可能な探査機の能力から見て、ネレウスへ向かうことが難しいと判断され、第2候補である (10302) 1989 ML という小惑星に変更された。しかし2000年2月10日のM-Vロケット4号機の打ち上げが失敗、2002年初頭に予定されていた打ち上げ計画が延期となって、1989 ML へ向かうことが出来なくなった。その結果、(25143) 1998 SF36が3つ目の候補として浮上、目的地として決定することになった。

はやぶさ命名3か月後の2003年8月、目的地の小惑星1998 SF36は、(探査対象となったことから)日本の宇宙開発の父、糸川英夫にちなんで、「イトカワ」と命名された[28]。糸川は中島飛行機出身であり、設計に参加した飛行機としては「戦闘機はやぶさ」が著名である[29][30]が、先述のとおりこれが小惑星の名前の由来となったわけではない。

[4]前ページ
(3.1.計画承認までの経緯)
[6]次ページ
(4.構造)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2018/10/20 13:30
ソ人気記事ランキング
2018/10/24 更新
 1位日本
 2位積木くずし
 3位穂積由香里
 4位穂積隆信
 5位沢田研二
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant