はやぶさ (探査機)
▼人気記事ランキング
13.脚注
13.2.出典
川口淳一郎 (2006年5月31日). “「はやぶさ」プロジェクトが、Space Pioneer Award を受賞”. ISAS/JAXA. 2014年1月13日閲覧。
“Space Pioneer Award を受賞”. sorae.jp. (2006年6月2日). オリジナルの2014年2月2日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140202201403/http://www.sorae.jp/031099/1351.html 2014年1月13日閲覧。 
“「はやぶさ」カプセル回収作業完了! 熱シールドも発見!”. ISAS/JAXA (2010年6月14日). 2010年6月14日閲覧。
JAXA PR (2013年1月30日). “JAXA OPEN API PROJECT”. Google+. 2013年2月2日閲覧。
“「はやぶさ」がAPIに アプリ開発、大学生が挑戦へ”. ITmedia ニュース. (2013年1月31日). http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1301/31/news122.html 2013年2月2日閲覧。 
“はやぶさ”. 日本の宇宙開発の歴史 [宇宙研物語]. ISAS/JAXA. 2011年1月8日閲覧。
お知らせ (PDF) 」 、『ISASニュース』第51号、宇宙科学研究所、1985年6月、 4頁、 ISSN 0285-2861、2009年12月16日閲覧。
“ミッションカレンダー”. JAXA小惑星探査機「はやぶさ」物語. JAXA. 2009年12月16日閲覧。
川口淳一郎. “小惑星探査機「はやぶさ」の研究計画について”. はやぶさ特集. ISAS/JAXA. 2003年10月9日閲覧。
川口淳一郎「星の王子様とデート - 小惑星ランデブ探査計画 (PDF) 」 、『ISASニュース』第118号、宇宙科学研究所、1991年1月、 20-22頁、 ISSN 0285-2861。
的川2010, 29ページ
上杉邦憲「彗星サンプルリターン - SOCCER計画 (PDF) 」 、『ISASニュース』第118号、宇宙科学研究所、1991年1月、 18-20頁、 ISSN 0285-2861。
“1.4 History of the Investigation, Comet Coma Sample Return Plus Interstellar Dust, Science and Technical Approach”. STARDUST: SCIENCE IN-DEPTH. JPL/NASA (1994年10月21日). 2010年8月4日閲覧。
“小惑星「イトカワ」表面の地形名称に関する国際天文学連合(IAU)正式承認について” (プレスリリース), 宇宙航空研究開発機構, (2009年3月3日), http://www.jaxa.jp/press/2009/03/20090303_itokawa_j.html 2011年1月8日閲覧。 
村上陽一郎; 西澤潤一; 杉山滋郎. “糸川英夫”. 日本の科学者・技術者100人. 岩手県二戸市田中舘愛橘記念科学館. 2011年1月8日閲覧。
糸川英夫(出演)、文藝春秋(制作著作) (1991年). 私と戦闘機「隼」 太平洋戦争の陸軍戦闘機を検証する. 文藝春秋.. 全国書誌番号:21425690 
“JAXAメールマガジン 第42号”. JAXAメールマガジン. (2006年8月1日). http://fanfun.jaxa.jp/c/media/mail/archiv_j/0042.txt 
山本幸生; 岡田達明; 白井慶; 加藤学 (2002年5月31日). “MUSES-C搭載用蛍光X線分光計におけるX線CCDの機上解析 (PDF)”. 地球惑星科学関連学会2002年合同大会予稿集. 日本地球惑星科学連合. 2012年12月19日閲覧。
斉藤宏文、福田盛介「小型高機能科学衛星INDEXの開発 (PDF) 」 、『ISASニュース』第281号、ISAS/JAXA、2004年8月、 2頁、 ISSN 0285-2861、2012年12月19日閲覧。“表2 INDEXに搭載される先進衛星機器(中略)機器:SH-3プロセッサ 特徴/性能:60MHz三重多数決プロセッサ 適用ミッション:INDEX,はやぶさ,SELENE”
クローズアップ現代』2006年11月30日放送分
“はやぶさ帰還…小惑星の砂、期待”. 読売新聞. (2010年6月14日). オリジナルの2010年6月17日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100617185421/http://osaka.yomiuri.co.jp/science/news/20100614-OYO8T00272.htm 2010年6月26日閲覧。 
吉光徹雄、久保田孝「研究紹介 新しきチャレンジ 世界初の小惑星探査ローバ“MINERVA”」、『ISASニュース』第267号、宇宙科学研究所、2003年6月、 ISSN 0285-2861、2008年10月30日閲覧。
“ねとらぼ:「ゆっくり寝てね……」 イカロス君、分離カメラ「DCAM2君」とお別れ”. ITmedia ニュース. (2010年6月16日). http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1006/16/news081.html 2010年6月18日閲覧。 
Jet Propulsion Laboratory (2000年11月3日). “NASA Cancels Miniature Rover for Joint Japan-U.S. Asteroid Mission”. NASA. 2012年2月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年10月30日閲覧。
Peters, Stephen (1999年2月22日). “NASA's Science Rover for MUSES-C (PDF)”. JPL/NASA. 2010年5月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年10月30日閲覧。
Peters, Stephen (6 1999). “研究紹介 The NASA Rover for MUSES-C”. ISASニュース (宇宙科学研究所) (219). http://www.isas.jaxa.jp/ISASnews/No.219/ken-kyu.html 2009年3月23日閲覧。. 
矢野創. “サンプル採取の成功を信じて”. はやぶさ、地球への旅に出発 〜最後のチャレンジを達成するために〜. JAXA. 2010年8月4日閲覧。
“「はやぶさ」にプログラムミス 後継開発に教訓反映へ”. 共同通信. (2010年11月29日). http://www.47news.jp/CN/201011/CN2010112901000090.html 2011年4月24日閲覧。 
「動かないコンピュータ 宇宙航空研究開発機構(JAXA) 「はやぶさ」成功の舞台裏 弾丸不発の原因は人為ミス」、『日経コンピュータ』第774号、日経BP社、2011年1月20日、 90-92頁、 ISSN 02854619、 NAID 40017434094。
“「はやぶさ」の第1回着陸飛行の結果と今後の計画について”. ISAS/JAXA (2005年11月23日). 2005年12月17日閲覧。
“「はやぶさ」の第2回着陸飛行の結果と今後の計画について”. ISAS/JAXA (2005年11月29日). 2010年8月8日閲覧。
“「はやぶさ」の着陸成功とサンプル採取の実施について”. ISAS/JAXA (2005年12月1日). 2005年12月17日閲覧。
“「はやぶさ」探査機の状況について”. ISAS/JAXA (2005年12月7日). 2005年12月17日閲覧。
“「はやぶさ」探査機の状態について”. ISAS/JAXA (2005年12月14日). 2005年12月17日閲覧。
“「はやぶさ」試料容器のカプセル収納・蓋閉め運用が完了”. ISAS/JAXA (2007年1月30日). 2007年8月31日閲覧。
“「はやぶさ」地球帰還に向けた本格巡航運転開始!”. ISAS/JAXA (2007年4月25日). 2007年8月31日閲覧。
“小惑星探査機「はやぶさ」イオンエンジン−Cへの切り替えに成功”. ISAS/JAXA (2007年8月16日). 2009年11月21日閲覧。
“「はやぶさ」復路第1期軌道変換を完了!”. ISAS/JAXA (2007年10月29日). 2007年11月19日閲覧。
“「はやぶさ」、3回目の遠日点を無事通過”. ISAS/JAXA (2008年3月6日). 2008年6月23日閲覧。
“小惑星探査機「はやぶさ」の現在の状況について−イオンエンジン再点火、地球帰還へ向け第2期軌道変換を開始へ−” (プレスリリース), 宇宙航空研究開発機構, (2009年2月4日), http://www.jaxa.jp/press/2009/02/20090204_hayabusa_j.html 2010年8月4日閲覧。 
“2009年8月27日”. 今週のはやぶさ君. ISAS/JAXA (2009年8月27日). 2014年2月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年1月21日閲覧。
“小惑星探査機「はやぶさ」のイオンエンジン異常について” (プレスリリース), 宇宙航空研究開発機構, (2009年11月9日), http://www.jaxa.jp/press/2009/11/20091109_hayabusa_j.html 2009年11月21日閲覧。 
“小惑星探査機「はやぶさ」の帰還運用の再開について” (プレスリリース), 宇宙航空研究開発機構, (2009年11月19日), http://www.jaxa.jp/press/2009/11/20091119_hayabusa_j.html 2009年11月19日閲覧。 
“復活「はやぶさ」噴射続けば地球帰還可能に”. 読売新聞. (2010年2月27日). オリジナルの2010年3月2日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100302200324/http://www.yomiuri.co.jp/space/news/20100227-OYT1T00021.htm 2010年2月28日閲覧。 
“すばる望遠鏡で「はやぶさ」の撮影成功!”. 観測成果. 国立天文台 (2010年6月13日). 2010年8月1日閲覧。
橋本樹明 (2010年6月18日). “ラスト・チャンスの地球撮像”. ISAS/JAXA. 2010年6月18日閲覧。
“「「はやぶさ」最後の地球画像」画像処理でくっきり”. ISAS/JAXA (2010年6月18日). 2010年6月18日閲覧。
“はやぶさ、最後にとらえた地球”. 読売新聞. (2010年6月14日). オリジナルの2010年6月17日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100617191537/http://osaka.yomiuri.co.jp/science/news/20100614-OYO8T00279.htm?from=sub 2010年6月15日閲覧。 
西川拓 (2010年6月14日). “小惑星探査機:「はやぶさ」任務完了 地球の撮影が最後の仕事に”. 毎日新聞. オリジナルの2010年6月16日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100616074338/http://mainichi.jp/select/science/news/20100614ddm041040070000c.html 2010年6月15日閲覧。 
“はやぶさ:最後に撮影の地球 画像処理でくっきり”. 毎日新聞. (2010年6月18日). オリジナルの2010年6月19日時点によるアーカイブ。. http://megalodon.jp/2010-0619-1742-20/mainichi.jp/select/science/news/20100618mog00m040011000c.html?link_id=RAH04 2010年6月20日閲覧。 
森治 (2010年9月3日). “「はやぶさ」の運用が残したもの”. はやぶさ、地球へ! 帰還カウントダウン. JAXA. 2010年9月12日閲覧。
東山正宜 (2010年9月22日). “はやぶさ最後の輝き、満月の倍の明るさ 国立天文台観測”. 朝日新聞. オリジナルの2010年9月27日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100927072307/http://www.asahi.com/special/space/TKY201009210367.html 2010年9月22日閲覧。 
“「はやぶさ」、最終の軌道修正となるTCM-4によりWPAへの精密誘導を完了”. マイナビニュース. (2010年6月9日). http://news.mynavi.jp/news/2010/06/09/070/index.html 2010年7月18日閲覧。 
柴田孔明 (2010年6月15日). “No.1447 :カプセル回収結果報告”. 宇宙作家クラブ ニュース掲示板. 宇宙作家クラブ. 2010年7月30日閲覧。
“はやぶさの旅「世界最長」 2592日、ギネスに申請”. 朝日新聞. (2010年6月15日). オリジナルの2010年6月17日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100617054824/http://www.asahi.com/science/update/0615/TKY201006150390.html 2010年6月15日閲覧。 
“『はやぶさ』カプセル回収 日本に空輸、分析へ”. 東京新聞. 共同通信. (2010年6月15日). オリジナルの2010年6月17日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100617061039/http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2010061502000071.html 2010年6月15日閲覧。 
NASA Ames Research Center (2010年6月13日). “NASA Team Captures Hayabusa Spacecraft Reentry”. YouTube. 2010年6月14日閲覧。
“ねとらぼ:「はやぶさ」が光輝き、散っていく NASAが空撮映像を公開”. ITmedia ニュース. (2010年6月14日). http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1006/14/news076.html 2010年6月15日閲覧。 
秋山文野; 小林伸; shigezoh; et al. (2010年6月16日). “「はやぶさ」は浦島太郎!? 宇宙経由の輸出入大作戦”. “JAXAの真田ぁ〜ず”に総力インタビュー!. アスキー・メディアワークス. 2011年5月26日閲覧。
“「はやぶさ」カプセルからガス成分回収 JAXA”. 日本経済新聞. (2010年6月24日). http://www.nikkei.com/news/headline/article/g=96958A9C93819695E0E6E2E69B8DE0E6E2E4E0E2E3E29180EAE2E2E2 2010年7月5日閲覧。 
永山悦子 (2010年6月25日). “小惑星探査機:「はやぶさ」カプセル開封 内部から気体、分析へ”. 毎日新聞. オリジナルの2010年6月28日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100628005827/http://mainichi.jp/select/science/news/20100625ddm041040169000c.html 2010年7月5日閲覧。 
“微粒子新たに数十個発見 はやぶさ、分析は9月以降”. 共同通信. (2010年7月7日). http://www.47news.jp/CN/201007/CN2010070701000655.html 2010年7月12日閲覧。 
小林行雄 (2010年12月14日). “JAXA、はやぶさカプセルのB室を開封 - 肉眼で確認できるサイズの粒子は無し”. マイナビニュース. http://news.mynavi.jp/news/2010/12/14/003/index.html 2011年3月16日閲覧。 
大塚実 (2010年8月23日). “はやぶさウィークリーブリーフィング第5回”. 大塚実の取材日記. 2010年9月11日閲覧。
“「はやぶさ」カプセル内の微粒子、初期分析開始”. sorae.jp. (2011年1月18日). オリジナルの2014年2月2日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140202201357/http://www.sorae.jp/031004/4262.html 2014年1月21日閲覧。 
「「はやぶさ」微粒子の初期分析が行われる」、『SPring-8 NEWS』第55号、RIKEN/JASRI、2011年3月、 5頁、2014年1月22日閲覧。
“JAXA、「はやぶさ」カプセル内の微粒子の初期分析の中間結果を発表”. マイナビニュース. (2011年3月11日). http://news.mynavi.jp/news/2011/03/11/065/index.html 2011年3月16日閲覧。 
“小惑星イトカワの真の姿を明らかに”. JAXA (2012年1月30日). 2011年2月5日閲覧。
“小惑星探査機「はやぶさ」(MUSES-C)回収したカプセル等の展示について” (プレスリリース), 宇宙航空研究開発機構, (2010年7月8日), http://www.jaxa.jp/press/2010/07/20100708_hayabusa_j.html 2010年9月11日閲覧。 
東山正宜 (2010年7月30日). “「はやぶさ」カプセル公開に1.3万人 最長3時間待ち”. 朝日新聞. オリジナルの2010年8月3日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100803005241/http://www.asahi.com/science/update/0730/TKY201007300155.html 2010年7月30日閲覧。 
“「はやぶさ」カプセル展示”. ISAS/JAXA. 2010年10月28日閲覧。
“小惑星探査機「はやぶさ」カプセル等の展示協力機関の公募について” (プレスリリース), 宇宙航空研究開発機構, (2010年9月1日), http://www.jaxa.jp/press/2010/09/20100901_hayabusa_j.html 2010年9月11日閲覧。 
“もう一つの旅が終了〜「はやぶさ」帰還カプセル巡回展示〜”. ISAS/JAXA (2012年4月9日). 2012年6月2日閲覧。
中根政人 (2010年10月28日). “小惑星探査機『はやぶさ』を追って 実物大“カプセル”展示”. 東京新聞. オリジナルの2010年10月30日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20101030042258/http://www.tokyo-np.co.jp/article/gunma/20101028/CK2010102802000086.html 2010年10月28日閲覧。 
“「はやぶさ」回収カプセルのレプリカを展示 (2011年1月15日〜)”. 天文ニュース. 県立ぐんま天文台 (2011年1月14日). 2011年9月23日閲覧。
上杉邦憲 (2010年5月7日). “「はやぶさ」宇宙開発史上のトップ7に選ばれる!”. はやぶさ、地球へ! 帰還カウントダウン. JAXA. 2010年7月20日閲覧。
“探査機はやぶさギネス認定 小惑星から物質回収”. 産経新聞. (2011年6月13日). オリジナルの2011年6月16日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110616131809/http://sankei.jp.msn.com/science/news/110613/scn11061317550001-n1.htm 2011年6月13日閲覧。 
GUINESS・WORLD RECORDSTM CERTIFICATE (PDF)” (英語). 2011年6月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年6月13日閲覧。
View of Sun from Dawn
“「はやぶさの日」の制定について”. 大船渡市 (2012年6月6日). 2012年6月16日閲覧。
宇宙航空研究開発機構産業連携センター「特別付録 ドキュメントはやぶさ」、『日本の宇宙産業』vol.2 (宇宙をつかうくらしが変わる)、日経BPコンサルティング、2010年11月、 。
矢野創、川口淳一郎、安部正真、藤原顕、森本睦子、秋山演亮、三浦弥生、出村裕英 et al.「ポストMUSES-C時代の小天体探査計画の検討」、『宇宙科学シンポジウム』第1巻、宇宙科学研究所、2001年1月11日、 153-160頁、 NAID 40005398033、2014年9月12日閲覧。
矢野創、川口淳一郎、秋山演亮、MEF-小天体探査フォーラム「次期太陽系始原天体探査ミッション検討例」、『宇宙科学シンポジウム』第2巻、宇宙航空研究開発機構宇宙科学研究本部、2001年11月19日、 335-342頁、 NAID 40005599042、2014年9月11日閲覧。
本間雅江; 江村泰山 (2010年6月14日). “奇跡生んだ粘りと技術…「はやぶさ」帰還”. 読売新聞. オリジナルの2010年6月17日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100617185552/http://www.yomiuri.co.jp/space/news2/20100614-OYT1T00190.htm 2010年6月14日閲覧。 
“迷子−満身創痍−最後は燃え尽き… けなげ「はやぶさ君」に共感広がる”. 産経新聞. (2010年6月12日). オリジナルの2010年6月15日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100615170906/http://sankei.jp.msn.com/science/science/100612/scn1006122244000-n1.htm 2010年6月14日閲覧。 
“はやぶさ帰還に感動「息子のよう」「日本の誇り」”. 読売新聞. (2010年6月14日). オリジナルの2010年6月17日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100617071551/http://www.yomiuri.co.jp/space/news2/20100614-OYT1T00972.htm 2010年6月14日閲覧。 
鮮于鉦 (2010年6月14日). “小惑星探査機「はやぶさ」の帰還に日本中が熱狂”. 朝鮮日報日本語版. オリジナルの2010年6月17日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100617150509/http://www.chosunonline.com/news/20100614000031 2010年6月15日閲覧。 
“天皇陛下お誕生日に際し(平成22年)”. 宮内庁. 2010年12月27日閲覧。
皇后陛下御歌 三首 平成二十二年 (PDF)”. 天皇皇后両陛下のお歌. 宮内庁. 2013年10月20日閲覧。
“両陛下のお歌8首”. 産経新聞 (2011年1月1日). 2011年1月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年1月9日閲覧。
“「はやぶさ」、30分着陸していた 試料は採取できず”. 朝日新聞. オリジナルの2008年10月13日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20081013131615/http://www.asahi.com/science/news/TKY200511230244.html 2010年6月25日閲覧。 . 朝日新聞. 2010年6月25日閲覧。
“NHK『はやぶさ』中継せず国民激怒! NHK「さすがに限界かも知れません」”. ロケットニュース24. (2010年6月13日). オリジナルの2010年6月16日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100616075802/http://rocketnews24.com/?p=36477 2010年6月16日閲覧。 
ヤンヤン. “満身創痍「はやぶさ」帰還 本体は燃え尽きたけどカプセル無事の健気さ”. JCASTテレビウォッチ. 2010年6月14日閲覧。
“「太陽系の起源解明に期待」 はやぶさ快挙と豪メディア”. 産経新聞. 共同通信. (2010年6月14日). オリジナルの2010年6月17日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100617185924/http://sankei.jp.msn.com/science/science/100614/scn1006141326010-n1.htm 2010年6月21日閲覧。 
新井重徳 (2010年6月21日). “「はやぶさ」帰還 喝采の陰で忍び寄る「成果の風化」”. 日本経済新聞. http://www.nikkei.com/tech/trend/article/g=96958A9C93819595E3E5E2E2908DE3EAE2E4E0E2E3E2E2E2E2E2E2E2 2011年5月26日閲覧。 
“快挙「はやぶさ」のドラマたっぷり 23日三島で講演会”. 朝日新聞. (2010年11月17日). オリジナルの2012年2月22日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/PBqa 2011年5月26日閲覧。 
Tomomichi Amano (2010年7月9日). “宇宙計画の教育的効果、コストをはるかに上回る=「はやぶさ」の川口教授”. ウォール・ストリート・ジャーナル 日本版. オリジナルの2010年7月12日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100712072302/http://jp.wsj.com/japanrealtime/2010/07/09/%7B%7Burlencode%3A%E5%AE%87%E5%AE%99%E8%A8%88%E7%94%BB%E3%81%AE%E6%95%99%E8%82%B2%E7%9A%84%E5%8A%B9%E6%9E%9C%E3%80%81%E3%82%B3%E3%82%B9%E3%83%88%E3%82%92%E3%81%AF%E3%82%8B%E3%81%8B%E3%81%AB%E4%B8%8A%E5%9B%9E%E3%82%8B%7D%7D 2011年5月26日閲覧。 
“はやぶさ偉業、花開け イトカワ微粒子、茨城大で分析”. 茨城新聞. (2011年1月2日). オリジナルの2011年1月4日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110104054524/http://www.ibaraki-np.co.jp/news/news.php?f_jun=12938013562789 2011年5月26日閲覧。 
“菅内閣総理大臣から小惑星探査機「はやぶさ」プロジェクトマネージャー川口淳一郎教授へのお祝いについて”. 文部科学省 (2010年6月14日). 2010年6月15日閲覧。
山田大輔. “はやぶさ:後継機「2」開発推進へ 参院本会議で菅首相”. 毎日新聞. オリジナルの2010年6月18日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100618023433/http://mainichi.jp/select/today/news/20100616k0000m010043000c.html 2010年6月15日閲覧。 
“蓮舫行刷相 はやぶさ帰還を絶賛 「仕分け結果、何が何でもではない」”. 産経新聞. (2010年6月15日). オリジナルの2010年6月17日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100617065034/http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100615/plc1006151230011-n1.htm 2010年6月15日閲覧。 
“「はやぶさ」航海をギネス申請=後継機予算計上に前向き−川端文科相会見”. gooニュース. 時事通信 (goo). (2010年6月15日). オリジナルの2010年6月20日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100620051406/http://news.goo.ne.jp/article/jiji/nation/jiji-100615X899.html 2010年6月15日閲覧。 
“はやぶさ帰還で首相が祝意 「日本の技術アピール」”. 共同通信. (2010年6月14日). http://www.47news.jp/CN/201006/CN2010061401000631.html 2010年6月15日閲覧。 
“「はやぶさ」を支えた声” (2005年11月29日). 2005年12月17日閲覧。
2005/11/26 01:05 JST
2005/11/26 03:35 JST
2005/11/26 15:52 JST “「はやぶさリンク」:未完のミッション”. 松浦晋也のL/D (2005年12月14日). 2005年12月17日閲覧。
“「はやぶさ」ペーパークラフト”. ISAS/JAXA. 2012年3月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年7月18日閲覧。
soyuz (2006年6月16日). “swingby 無料配信のお知らせ”. :::フクマニッキ:::. 2011年2月9日閲覧。
soyuz (2006年6月11日). “8823”. :::フクマニッキ:::. 2011年2月9日閲覧。
soyuz (2006年7月27日). “宇宙士官候補生☆”. :::フクマニッキ:::. 2011年2月9日閲覧。
soyuz (2006年7月29日). “コスモス”. :::フクマニッキ:::. 2011年2月9日閲覧。
“ねとらぼ:イカロス君「はやぶさ兄さんに僕の広がった姿を見せられてよかった!」”. ITmedia ニュース. (2010年6月11日). http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1006/11/news068.html 2011年2月5日閲覧。 
“ひと――探査機「はやぶさ」のコスプレーヤー 秋の『』さん(22)”. 朝日新聞: p. 第2面. (2011年2月5日). "秋の『』(あきの。鉤括弧は読まない)は、はやぶさを萌え擬人化したコスプレイヤーとして多数のメディアに出演している。『はやぶさLOVE講座』では表紙や口絵にコスプレ姿で登場し、本文中のガイド役をしている。" 
“はやぶさファン!”. 月探査情報ステーション. 2010年6月16日閲覧。
東山正宜; 福島慎吾 (2010年6月13日). “はやぶさ動画中継、NASAも和歌山大も「ニコ動」も”. 朝日新聞. オリジナルの2010年6月16日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100616074513/http://www.asahi.com/science/update/0612/TKY201006120229.html 2010年6月14日閲覧。 
“小惑星探査機「はやぶさ」カプセル帰還ライブ中継”. 和歌山大学宇宙教育研究所. 2014年1月22日閲覧。
三柳英樹 (2010年6月14日). “「はやぶさ」地球帰還、関連サイトや生中継に多数のアクセス”. INTERNET Watch (インプレス). http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20100614_374399.html 2010年6月19日閲覧。 
永沢茂 (2010年6月15日). “「はやぶさ」発光確認後、10分間で2万7000件以上のツイート”. INTERNET Watch (インプレス). http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20100615_374552.html 2010年6月16日閲覧。 
松浦晋也 (2010年6月16日). “はやぶさ2に向けて”. 松浦晋也のL/D. 2010年6月18日閲覧。
東山正宜; 勝田敏彦 (2010年6月12日). “「史上最も愛された探査機」 はやぶさグッズ、完売御礼”. 朝日新聞. オリジナルの2010年6月15日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100615154354/http://www.asahi.com/national/update/0612/TKY201006120145.html 2010年6月14日閲覧。 
“「はやぶさ」プラモデルが人気 地球帰還で受注急増”. 静岡新聞. (2010年6月22日). オリジナルの2010年6月24日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100624103714/http://www.shizushin.com/news/pol_eco/shizuoka/20100622000000000016.htm 2010年7月21日閲覧。 
阿部朋美 (2010年8月1日). “「はやぶさプラモ」大人気 葵区の制作会社、賭け実る”. 朝日新聞. オリジナルの2010年8月3日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100803000635/http://mytown.asahi.com/areanews/shizuoka/TKY201007310311.html 2010年8月2日閲覧。 
“プロダクション・ノート”. 映画『はやぶさ/HAYABUSA』公式サイト. 20世紀フォックス. 2012年3月13日閲覧。
“「架空の役がまずかった?」スタートでいきなりつまづいた映画『はやぶさ』シリーズ”. 日刊サイゾー. (2011年11月8日). http://www.cyzo.com/2011/11/post_9019.html 2012年3月13日閲覧。 
西田健作 (2011年7月12日). “映画「はやぶさ」3社競う”. 朝日新聞朝刊13版: p. 27面 
入倉功一 (2011年7月2日). “映画「はやぶさ」が国際宇宙ステーションきぼう内で上映決定! 地球最速宇宙試写会に!”. シネマトゥデイ (ウエルバ). http://www.cinematoday.jp/page/N0033504 2011年7月12日閲覧。 
“はやぶさ:世界初の宇宙試写会 古川聡宇宙飛行士も感激 被災地へエールも”. 毎日新聞デジタル. (2011年7月28日). オリジナルの2011年8月27日時点によるアーカイブ。. http://megalodon.jp/2011-0827-0938-44/mainichi.jp/enta/geinou/news/20110728mog00m200011000c.html 2011年8月17日閲覧。 
“<地球館2階 日本の宇宙開発コーナー(常設展示)>−日本の宇宙開発に関する新規資料を公開−” (PDF) (プレスリリース), 国立科学博物館, (2013年3月22日), http://www.kahaku.go.jp/procedure/press/pdf/131057.pdf 2013年5月22日閲覧。 
“映画「はやぶさ/HAYABUSA」が全米公開決定!”. RBB TODAY (イード). (2011年10月1日). http://www.rbbtoday.com/article/2011/10/01/81597.html 2011年10月1日閲覧。 
“舞台 はやぶさものがたり〜宙(そら)翔けた軌跡〜”. 2015年8月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年9月8日閲覧。
冥王星に「はやぶさ大地」 日本の小惑星探査機にちなみ国際天文学連合が命名「功績に敬意」 産経ニュース 2017年9月8日
[4]前ページ
(13.1.注釈)
[6]次ページ
(14.1.図書・雑誌)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2018/06/09 10:00
ソ人気記事ランキング
2018/06/20 更新
 1位寺田屋事件
 2位大阪府北部地震
 3位小林由美子
 4位ドーハの悲劇
 5位6月19日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant