はやぶさ (探査機)
▼人気記事ランキング
11.はやぶさを題材にした作品
11.2.フィクションへの影響
2007年に発行された野尻抱介のライトノベル『ロケットガール』4巻に小惑星探査機「はちどり」が登場した。再突入カプセルの蓋を閉められないまま帰還してくる探査機を回収するミッションに主人公たちが挑む。当初は「はやぶさ」の名をそのまま用いる予定だったが、はやぶさがバッテリの再充電とカプセルの蓋閉め運用に成功したため、「小説が現実に追いつかない」とモデルにするに留めた。なお前述のように、著者である野尻ははやぶさの大気圏再突入の際、ニコニコ生放送の現地中継に参加している[262]
2009年に公開されたアニメ映画『サマーウォーズ』に小惑星探査機「あらわし」が登場。はやぶさをモデルにしている(角川文庫版の解説より)とされるが、自力で地球周回軌道に乗ってから再突入するというはやぶさでは不可能な描写がある他、試料カプセルがミサイルの様な形状になっている。「はちどり」「あらわし」とも、探査対象の小惑星は「マトガワ」である。
はやぶさ帰還の1週間前に発売された週刊少年ジャンプの『こちら葛飾区亀有公園前派出所』にははやぶさをモデルとした「青羽」という無人探査機の物語が掲載された(単行本第175巻収録)。ちなみに、この話で探査機は地球に帰還するが、最終的にカプセルは大気圏で溶けてしまっている。
はやぶさプロジェクトが大きな話題となっていた2010年秋に放送されたTBSテレビドラマSPEC〜警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿〜』の最終回に登場した。劇中で主人公の一人である当麻紗綾の亡き父が、生前「はやぶさ」の開発に携わっていたというエピソードが語られた。演出の堤幸彦は上述の映画『はやぶさ/HAYABUSA』の監督でもある。
2011 - 2012年放送の特撮テレビドラマ『仮面ライダーフォーゼ』では、主人公の幼馴染で宇宙オタク少女の城島ユウキが、「はやぶさ」(実名のまま)のかぶり物を着て自作の「がんばれ、はやぶさくん」という歌を歌って踊ったり、「はやぶさ」をモデルとしたパペット人形を持ち歩いたりなど、「はやぶさ」関連のものが度々登場する(ただし、これ以外にも宇宙関連のものが数多く登場し、「はやぶさ」はそのうちの一つである)。
コナミデジタルエンタテインメントの音楽ゲーム『pop'n music』に登場するキャラクターであるパラボー(PARABO)は、「はやぶさ」がモチーフ。また、誕生日である6月13日も帰還日に由来する。
[4]前ページ
(11.1.関連する作品)
[6]次ページ
(12.「はやぶさ」に由来する命名)

262. “「はやぶさ」おかえり番組”. 産経新聞. (2010年6月10日). オリジナルの2010年10月7日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20101007075629/http://sankei.jp.msn.com/science/science/100610/scn1006100739001-n1.htm 2010年6月23日閲覧。 

~目次に戻る
出典:Wikipedia
2018/06/09 10:00
ソ人気記事ランキング
2018/06/20 更新
 1位寺田屋事件
 2位大阪府北部地震
 3位小林由美子
 4位ドーハの悲劇
 5位6月19日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant