はやぶさ (探査機)
▼人気記事ランキング
10.反応
10.4.インターネットによる広報と反響
はやぶさは、「星の王子さまに会いに行きませんか」キャンペーンを実施し、国内外から88万人の署名入りターゲットマーカーを積んでいたことで、投下成功のニュースには多くの励ましのメールがJAXAに届けられた[231]

イトカワ着陸の際は、管制室のインターネット中継や、ブログによる実況が行われた。2度目の着陸の際、栄養ドリンク「リポビタンD」の空き瓶が管制室の机にどんどん増えていく様子[232]がブログを通して紹介され話題になった[233]。後にブログの更新担当者のもとには大正製薬関係者からリポビタンDが2カートン贈られたという[234]

JAXAのwebサイトでは、ミッションの経過を絵本仕立てで紹介した『はやぶさ君の冒険日誌』やペーパークラフト[235]なども公開された。

2006年、soyuz project名義で活動する音楽家、福間創は、はやぶさの地球への無事帰還を願い、「swingby」という楽曲を自身のwebサイトで無料配信した[236][237]。配信後、この曲は相模原のJAXA宇宙科学研究本部の一般公開イベントにおいて、はやぶさコーナーのBGMとして正式に採用された[238][239]

地球帰還に向けて最後の軌道修正に入った2010年4月には特設ページが作られ、プロジェクトマネージャーの川口淳一郎を始めとする関係者たちのメッセージが掲載されたほか、ブログやTwitterで状況が報告された。Twitterでは「はやぶさ君」“本人”がつぶやいたり、「あかつきくん」や「イカロス君」と会話することもあった[240]

リアルタイムで多くの情報が公開されたことによりネットでの注目を集め、はやぶさを擬人化したキャラクターや、はやぶさをテーマにしたフラッシュMADムービー・楽曲などが作られた。ファンによるコスプレや実物大模型なども公開されてブームを盛り上げた[208][241][242]。後日、ASCII主催による、川口淳一郎教授と今回のプロジェクトチームを招いて、今回のミッションについての対談が行われた際、Twitterの果たした役割にふれ、またニコニコ動画上のさだまさしの『案山子』や『宇宙戦艦ヤマト』などをモチーフにしたFLASHムービー作品について、とてもよく出来ていて気に入っているという感想を述べて、「はやぶさ」とネットとの親和性は高いと評価した[233]

2010年6月13日の大気圏再突入の際には、前述のように生中継を行った放送局が皆無であったのに対し[216][217]、動画配信サイトでは現地からのインターネット中継が行われ[243][244]ニコニコ生放送に延べ21万人[216][245][207]、JAXAの配信に36万アクセス、和歌山大学の配信に63万アクセス[245]が殺到し、それぞれ視聴者数が制限されたり回線が繋がりにくくなったりする状況が発生した[207][216][245]。Twitterでも注目を集め[208][246]NECビッグローブによる統計によれば、再突入を捉えた動画や画像が公開された頃を中心に、10分間辺り最大で27,000件を上回る発言がはやぶさの話題に費やされた[217][247]。これは翌日の同時間帯に放送された2010 FIFAワールドカップ日本カメルーン戦でゴールを決めた本田圭佑に対する、10分間辺り最大16,000件の発言[217][247]を圧倒的に上回っている。

また「はやぶさ」が地球に帰還した翌日には、オンライン署名サイトで「はやぶさ2予算増額の嘆願署名」が作成されるなど、関係者以外からも注目が集まっている[248]

[4]前ページ
(10.3.政治家)
[6]次ページ
(10.5.はやぶさを扱ったグッズや作品に対する反響)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2018/10/20 13:30
ソ人気記事ランキング
2018/10/24 更新
 1位日本
 2位積木くずし
 3位穂積由香里
 4位穂積隆信
 5位沢田研二
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant