はやぶさ (探査機)
▼人気記事ランキング
10.反応
10.3.政治家
はやぶさのカプセル帰還成功を受け、6月8日に成立したばかりの菅内閣の閣僚たちからは絶賛する発言が相次いだ。
菅直人総理大臣(当時)は6月14日、「はやぶさ」プロジェクトマネージャー川口淳一郎教授にお祝いの電話をかけ、カプセル再突入成功について、約60億キロメートルもの飛行の後、地球へ帰還できたことは奇跡的であり、日本の技術水準の高さを世界に強くアピールした、関係者の方々に心からのお祝いと労いを申し上げたい旨を述べた[225]。さらに15日の参議院本会議で、後継機「はやぶさ2」の開発を推進する考えを示した[226]
蓮舫行政刷新担当相(当時)は15日、「偉業は国民全員が誇るべきものだ。世界に向かって大きな発信をした」と高く評価し、2009年の事業仕分けで、後継機開発など宇宙開発関連予算を削減としたことについて「宇宙開発は私は直接担当しておらず、今一度流れを確認している」と釈明し、また「国民の様々な声は次期予算編成に当然反映されるべきだ」と語った[227]
川端達夫文部科学大臣(当時)は15日、「非常に大きな成果を上げた」と評価し、後継機予算の概算要求について「しっかりとこれを踏まえて考えたい」と前向きな姿勢を示した[228]
福山哲郎官房副長官(当時)は14日、はやぶさの後継機開発について「宇宙技術発展への貢献を精査し、来年度予算での扱いを検討したい」と述べた[229]
宇宙開発担当の前原誠司国土交通大臣(当時)も「宇宙開発史に画期的な一ページを加えた」との談話を発表した[230]
これらの発言に対して、読売新聞鳩山政権下ではやぶさ後継機の予算が削減されていたことを指摘し、「現金すぎ」と民主党政権を批判的に報じた[230]
[4]前ページ
(10.2.メディア)
[6]次ページ
(10.4.インターネットによる広報と反響)

225. “菅内閣総理大臣から小惑星探査機「はやぶさ」プロジェクトマネージャー川口淳一郎教授へのお祝いについて”. 文部科学省 (2010年6月14日). 2010年6月15日閲覧。
226. 山田大輔. “はやぶさ:後継機「2」開発推進へ 参院本会議で菅首相”. 毎日新聞. オリジナルの2010年6月18日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100618023433/http://mainichi.jp/select/today/news/20100616k0000m010043000c.html 2010年6月15日閲覧。 
227. “蓮舫行刷相 はやぶさ帰還を絶賛 「仕分け結果、何が何でもではない」”. 産経新聞. (2010年6月15日). オリジナルの2010年6月17日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100617065034/http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100615/plc1006151230011-n1.htm 2010年6月15日閲覧。 
228. “「はやぶさ」航海をギネス申請=後継機予算計上に前向き−川端文科相会見”. gooニュース. 時事通信 (goo). (2010年6月15日). オリジナルの2010年6月20日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100620051406/http://news.goo.ne.jp/article/jiji/nation/jiji-100615X899.html 2010年6月15日閲覧。 
229. “はやぶさ帰還で首相が祝意 「日本の技術アピール」”. 共同通信. (2010年6月14日). http://www.47news.jp/CN/201006/CN2010061401000631.html 2010年6月15日閲覧。 
230. “科学予算削減の民主、はやぶさ絶賛は「現金過ぎ」”. 読売新聞. (2010年6月14日). オリジナルの2010年6月17日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100617190549/http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20100614-OYT1T00947.htm 2010年6月15日閲覧。 

~目次に戻る
出典:Wikipedia
2018/06/09 10:00
ソ人気記事ランキング
2018/06/20 更新
 1位寺田屋事件
 2位大阪府北部地震
 3位小林由美子
 4位ドーハの悲劇
 5位6月19日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant