はやぶさ (探査機)
▼人気記事ランキング
10.反応
10.2.メディア
「はやぶさ」に対する関心ははじめから大きかったわけではない。はやぶさの着陸失敗は非常に大きく取り上げられ、その後実は着陸していたことが取り上げられた[215]。電波を捉えられなくなり、帰還が危ぶまれるようになるとほとんど報道されないようになった。マスメディアが関心を失っていく一方、インターネット上でははやぶさに関する話題の盛り上がりがあり、次第に注目を集めていった(詳細は「#インターネットによる広報と反響」を参照)。

2010年6月13日の地球帰還が近付くにつれてニュースやワイドショーで取り上げられる機会も増え、6月10日にはNHKの『クローズアップ現代』で「傷だらけの帰還 探査機はやぶさの大航海」が放送された(JAXAの的川泰宣がゲスト出演)。NHKはウーメラに近いグレンダンボに取材班を送り、大気圏再突入の模様をハイビジョンで撮影して翌14日未明から定時ニュースの冒頭で繰り返し放送したが、NHK・民放各局とも生中継を行わず[216][217]、NHK広報局はツイッター上で「大気圏突入のタイミングには、ちょうどワールドカップの試合を放送しているので、生中継は難しそうです」などと冷静に理解を求めていたのだが、第1報もやや遅れたため[216]、一部では放送局の反応に対する失望の声も上がった[216][218]。翌日14日の朝刊各誌は1面トップに写真付ではやぶさ突入の記事を掲載し[216]、民放各局もはやぶさの帰還を報道している[216][219]。またカプセルが着地したオーストラリアでは、大きな話題として扱ったテレビ放送局もあり[220]、台湾やイギリスなどでも報道された。

はやぶさの帰還後は、日本国民の熱狂ぶりや国民的な関心の高さがメディア上でも紹介された[221][222][223][224]

[4]前ページ
(10.1.天皇・皇后)
[6]次ページ
(10.3.政治家)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2018/10/20 13:30
ソ人気記事ランキング
2018/10/24 更新
 1位日本
 2位積木くずし
 3位穂積由香里
 4位穂積隆信
 5位沢田研二
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant