はやぶさ (探査機)
▼人気記事ランキング
9.はやぶさ後継機
はやぶさ (MUSES-C) の打ち上げ以前からMUSES-C後継機の構想はあり、小天体探査フォーラム (MEF) では後継機の任務について、同じ小惑星族コロニス族またはニサ族)に属する複数の小惑星を探査する案や、スペクトルが既知の地球近傍天体 (NEO) 複数を探査する案など、多数の案が検討された[204][205]

2011年5月12日、はやぶさの改良機「はやぶさ2」が2014年に打ち上げ、地球近傍小惑星リュウグウを探査する計画が発表された。2014年12月3日に打ち上げられ、2018年にリュウグウに到着、2020年に帰還する計画である[8][14]

「はやぶさ2」以降については、より大型・高性能な「はやぶさMk.II(マーク2)」、「はやぶさMk.II」をヨーロッパ宇宙機関と共同開発するという「マルコ・ポーロ」などの構想がある。

[4]前ページ
(8.プロジェクト参加企業)
[6]次ページ
(10.反応)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/05/09 16:00
ソ人気記事ランキング
2019/05/22 更新
 1位日本
 2位5月21日
 3位MALICE MIZER
 4位北方町猟銃殺人逃走事件
 5位5月22日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant