はやぶさ (探査機)
▼人気記事ランキング
2.名前の由来
ISASでは探査機の名前は、関係者同士の協議によって命名されてきた。MUSES-Cの場合、「はやぶさ」の他にも「ATOM」(Asteroid Take-Out Mission、アトム)という有力候補が存在した[12]
この名は的川泰宣を中心に組織票が投じられていた案であった[12]。一方「はやぶさ」は上杉邦憲川口淳一郎によって提案され、小惑星のサンプル採取が1秒ほどの着地と離陸の間に行われる様子をハヤブサに見立てた案であった[12]。他にも「はやぶさ」の名には、かつて東京から西鹿児島を走った『特急はやぶさ』や、鹿児島県の地名でもある『隼人』の面もあった[12]。協議の際に的川は「最近の科学衛星は『はるか』とかおとなしい感じの名前や、3文字の名前が多いので、濁点も入った勇壮な『はやぶさ』もいいね」と語り、また「ATOM」は語意の原子から原子爆弾が連想されるとして却下され[19]、結局「はやぶさ」が採用された[12]。小惑星の名前が「イトカワ」であることから「戦闘機と宇宙機の両方分野で著名な糸川英夫氏に縁の深い、戦闘機『』にちなんで命名された」と言われることもあったが、本探査機の打上げ日に初めて「はやぶさ」という正式名称が発表され、それから3か月後にその目標である小惑星1998 SF36が「イトカワ」と命名されたので、誤解であると川口は説明している[12]

[4]前ページ
(1.概要)
[6]次ページ
(3.1.計画承認までの経緯)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2018/08/16 20:30
ソ人気記事ランキング
2018/08/21 更新
 1位石塚運昇
 2位君の膵臓をたべたい
 3位銀魂の登場人物一覧
 4位ノモンハン事件
 5位日本航空123便墜落事故
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant