はやぶさ (探査機)
▼人気記事ランキング
6.はやぶさの軌跡
6.6.カプセルの一般公開
役割を果たした再突入カプセルのヒートシールドやパラシュートなど、および地上試験用のエンジニアリングモデルは、2010年7月末から8月にかけて以下の場所で公開された[188]。一般公開の初日には1万3千人の来場者が詰めかけ、最大で3時間待ちにもなる長蛇の列をつくった[189]

8月2 - 6日(ヒートシールドは2、3日のみ)
8月15 - 19日(ヒートシールドは15、16日のみ)
その後も引き続き各地で公開されていたが[190]、ヒートシールドは研究解析に供されるため[191]展示されないこともあった。

2010年7月の相模原キャンパス特別公開を皮切りに同年11月からは本格的に各地を巡回し、最後の会場の愛知県刈谷市で2012年4月3日をもって全行程を終了した。全69会場で延べ89万人の来場者数を記録した[192]

これとは別に、再突入カプセルを製作したIHIエアロスペースの工場が群馬県富岡市にある縁で、同社は2010年10月に実物大レプリカを群馬県に寄贈しており、県内で巡回展示された後にぐんま天文台で2011年1月15日から常設展示されている[193][194]

[4]前ページ
(6.5.カプセルの輸送と分析)
[6]次ページ
(7.受賞歴・記録)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2018/10/20 13:30
ソ人気記事ランキング
2018/10/22 更新
 1位日本
 2位沢田研二
 3位田中信夫
 4位ドリフ大爆笑のコント
 5位今日から俺は!!
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant