はやぶさ (探査機)
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
はやぶさ(第20号科学衛星MUSES-C)は、2003年5月9日13時29分25秒(日本標準時、以下同様)に宇宙科学研究所(ISAS)が打ち上げた小惑星探査機で、ひてんはるかに続くMUSESシリーズ3番目の工学実験機である。
イオンエンジンの実証試験を行いながら2005年夏にアポロ群小惑星 (25143) イトカワに到達し、その表面を詳しく観測して[3]サンプル採集を試みた後、2010年6月13日22時51分、60億 kmの旅を終え、地球大気圏再突入した[4]地球重力圏外にある天体の固体表面に着陸してのサンプルリターンに、世界で初めて成功した。
目次
1.概要
2.名前の由来
3.ミッション背景
├3.1.計画承認までの経緯
└3.2.目的地の変更
4.構造
├4.1.バス系
├4.2.探査機器
└4.3.搭載探査機
5.航法
6.はやぶさの軌跡
├6.1.打上げからイトカワへ
├6.2.イトカワの観測・着陸
├6.3.交信途絶・帰還
├6.4.大気圏再突入
├6.5.カプセルの輸送と分析
└6.6.カプセルの一般公開
7.受賞歴・記録
├7.1.関連する世界初
└7.2.記念日
8.プロジェクト参加企業
9.はやぶさ後継機
10.反応
├10.1.天皇・皇后
├10.2.メディア
├10.3.政治家
├10.4.インターネットによる広報と反響
└10.5.はやぶさを扱ったグッズや作品に対する反響
11.はやぶさを題材にした作品
├11.1.関連する作品
└11.2.フィクションへの影響
12.「はやぶさ」に由来する命名
13.脚注
├13.1.注釈
└13.2.出典
14.参考文献
├14.1.図書・雑誌
└14.2.論文・記事
15.関連項目
16.外部リンク

3. はやぶさの探査情報を基にした、小惑星イトカワの解析結果とその論文がアメリカ科学論文誌サイエンス』2006年6月2日号に特集として掲載(日本宇宙研究・開発では初)された。アメリカの International Space Development Conference (ISDC 2006) において Space Pioneer Award として米国宇宙協会から表彰を受けている[1][2]
4. “「はやぶさ」大気圏突入/カプセルも発見”. ISAS/JAXA (2010年6月14日). 2010年6月15日閲覧。

出典:Wikipedia
2018/06/09 10:00
ソ人気記事ランキング
2018/07/15 更新
 1位梶居勝志
 2位麻原彰晃
 3位BANANA FISH
 4位土谷正実
 5位7月14日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant