はやぶさ2
▼人気記事ランキング
4.打ち上げと、その後の経緯
4.5.今後の予定
2019年12月から2020年1月にかけて第一期イオンエンジン運転 [89]
2020年5月から9月ごろにかけて第二期イオンエンジン運転 [89]
2020年末、地球に帰還する予定[54][90]。帰還カプセルの投下場所は初代はやぶさと同じくオーストラリアのウーメラ試験場を予定している[78]
[4]前ページ
(4.4.帰還運用)
[6]次ページ
(5.Kaバンド通信の問題)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/12/03 23:32
ソ人気記事ランキング
2019/12/07 更新
 1位日本
 2位HR 8799 c
 3位HR 8799 b
 4位HR 8799 d
 5位ガイナックス
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant