はやぶさ2
▼人気記事ランキング
4.打ち上げと、その後の経緯
4.1.リュウグウ到着まで
2014年11月30日に打ち上げ予定が設定されたものの[46]、天候不良によって12月1日に延期され、さらに12月3日に再延期された[47]
2014年12月3日13時22分、H-IIAロケット26号機により打ち上げ[48]。その後、イオンエンジンやKaバンド通信系などの初期のチェックアウトを順調に終了[49]
2014年12月5日、本体および地上系一連の健全性を確立するクリティカル運用終了。
2015年3月3日、巡航フェーズへ移行[50]
2015年12月3日、地球スイングバイを実施[51]
2018年2月26日、小惑星リュウグウの点像を、距離約130万 kmからの撮影に成功した[52]
2018年6月3日、往路のイオンエンジン運転を終了[53]
[4]前ページ
(4.打ち上げと、その後の経緯)
[6]次ページ
(4.2.リュウグウでの活動(2018年))
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/12/03 23:32
ソ人気記事ランキング
2019/12/08 更新
 1位日本
 2位HR 8799 c
 3位HR 8799 d
 4位HR 8799 b
 5位山口小夜子
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant