はやぶさ2
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
はやぶさ2は、小惑星探査機はやぶさ」(第20号科学衛星MUSES-C)の後継機として宇宙航空研究開発機構 (JAXA) で開発された小惑星探査機である。地球近傍小惑星リュウグウ」への着陸およびサンプルリターンが計画されている。「はやぶさ2」という名称は探査機を用いる小惑星探査プロジェクト名にも使われている。
2014年12月3日に種子島宇宙センター大型ロケット発射場からH-IIAロケット26号機で打ち上げられた[1]
目次
1.特徴
└1.1.はやぶさからの変更点
2.探査計画
3.打ち上げまでの経緯
├3.1.計画立ち上げ
├3.2.研究フェーズ移行
├3.3.予算不足による他国機関との連携の模索
├3.4.はやぶさ帰還による影響
├3.5.開発研究フェーズへ移行
└3.6.プロジェクト化から開発フェーズへ
4.打ち上げと、その後の経緯
├4.1.リュウグウ到着まで
├4.2.リュウグウでの活動(2018年)
├4.3.リュウグウでの活動(2019年)
├4.4.帰還運用
└4.5.今後の予定
5.Kaバンド通信の問題
6.応援プロジェクト
7.相乗り
8.脚注
├8.1.注釈
└8.2.出典
9.外部リンク
出典:Wikipedia
2019/12/03 23:32
ソ人気記事ランキング
2019/12/08 更新
 1位日本
 2位HR 8799 c
 3位HR 8799 d
 4位HR 8799 b
 5位山口小夜子
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant