サービス終了のお知らせ
はやて (列車)
▼人気記事ランキング
概要
はやては、東日本旅客鉄道(JR東日本)および北海道旅客鉄道(JR北海道)が東北新幹線北海道新幹線盛岡駅新青森駅 - 新函館北斗駅間(臨時列車としては東京駅上野駅 - 盛岡駅・新青森駅間[1])で運行している特別急行列車である。

概要[編集]

2002年12月1日に、長年盛岡駅を北の終着駅としていた東北新幹線が八戸駅へ延伸されるのにあたり、延伸区間を含む東京駅・仙台駅 - 八戸駅間をE2系10両編成により運行する列車として登場した[2]首都圏仙台以北間における速達志向・指定席ニーズに応える形で、東京駅発着列車は全ての列車が大宮駅 - 仙台駅間を全駅通過とし最高速度275km/h運転を行い、かつ全席指定席で運行する東北新幹線の最速達列車として設定された。「はやて」運行開始にあたり、秋田新幹線こまち」は盛岡駅以南の併結運転対象が「やまびこ」から「はやて」に替わり、「こまち」も全席指定席となった。以後、ダイヤ改正ごとに運行形態に変遷はあったものの、東京駅発着列車については「大宮駅 - 仙台駅間無停車」「275km/h運転」「全席指定席」の原則は守られ、「やまびこ」との差別化の目安とされた。また、盛岡駅以北で運転される列車は運行区間にかかわらず全て「はやて」とされ、仙台駅・盛岡駅発着の列車では自由席も設定された。

大きな転機となったのは2011年春のダイヤ改正時で、新青森駅発着(前年12月に延伸開業)の速達列車に320km/h運転の可能なE5系を投入し、これに「はやて」ではなく「はやぶさ」の名称を与えることとなった。これに伴い、「はやて」は最速達列車である「はやぶさ」を補完する列車との位置づけとなり、運行本数も「はやぶさ」への置き換えにより削減傾向となった。JR東日本は、E5系導入開始直後は東北新幹線のE5系への置き換え完了と同時に「はやて」の列車名を廃止する方針だったが、その後「E5系に複数の名称がつく可能性もある」として「はやぶさ」は最高速度300km/h以上で運行する列車に用い、E6系全編成投入完了以前にE3系と併結して最高速度275km/hで運行する列車には「はやて」を用いるとの見解も示していた[3](「はやて」と秋田新幹線「こまち」との併結運転は、2014年3月のダイヤ改正で終了している)。その後東京駅発着の定期列車はさらに削減され、2018年3月17日のダイヤ改正では下り1本のみとなり、2019年3月16日のダイヤ改正で東京駅発着「はやて」の定期列車としての設定が無くなった(但し、最繁忙期などに運行される臨時列車としては東京駅・上野駅発着の「はやて」の設定が残っている[1])。

2016年3月26日には北海道新幹線の新青森駅 - 新函館北斗駅間が開業し、東北新幹線との直通運転が開始され、盛岡・新青森 - 新函館北斗間の区間列車を「はやて」として運行している[4][5]

列車名の由来[編集]

列車名は、運行開始当初、八戸駅で連絡していた「白鳥」・「スーパー白鳥」・「つがる」とともに公募で決定されたが、「はやて」という名称はトップ10に入っておらず、「みちのく」・「はつかり」などが上位であった。また、列車愛称を最初に採り入れた1929年の一般公募時より、東海道新幹線の愛称公募(4位)などで一般公募ランキングにたびたび浮上しながらも採用されなかった愛称[注 3]を、この場に至って採用したことも論議の対象となった。これまで採用されなかったのは、「はやて(疾風)」が農作物に被害をもたらす風(やませなど)や疫病赤痢など)の異名でもあるためといわれているが、将来の新青森駅延伸も視野に入れ斬新でスピード感を表す名称として、あえて採用された。

運行概況[編集]

定期列車としては盛岡駅 - 新函館北斗駅間に1往復(93・98号)、新青森駅 - 新函館北斗駅間に1往復(91・100号)が運転されている。運行区間内ではいわて沼宮内駅以外の各駅(二戸駅八戸駅七戸十和田駅・新青森駅・奥津軽いまべつ駅木古内駅)に停車する。

東京駅 - 盛岡駅間の定期列車(101-112号)があった2019年3月までは東京駅・上野駅・大宮駅と仙台駅以北の各駅(古川駅くりこま高原駅一ノ関駅水沢江刺駅北上駅新花巻駅・盛岡駅)に停車していた。

使用車両・編成[編集]

10両編成のE5系が使用されている。東北新幹線内で完結する臨時列車にはE2系が使用される。

宇都宮駅 - 盛岡駅間では最高速度275 km/h の高速運転が行われるが、最高速度240 km/h の列車もある。

「はやて」で使用されるE2系10両編成には、0番台(100番台車両・400番台車両を増結)編成と1000番台編成があるが、いずれもJ編成として共通運用されている。うち0番台編成は12編成、1000番台編成は25編成となっている[注 4]。なお、0番台は2019年3月をもって全廃となり、1000番台のみとなった。

グリーン車指定席は1両を連結する。グリーン車においては、グリーンアテンダントによるおしぼりとウェルカムドリンクサービスがあったが、2016年3月のダイヤ改正で廃止となった。

普通車は全車座席指定席である。満席の場合に限り立席特急券で利用できる(ただし、号車は指定される)ほか、「はやて」と「はやぶさ」のみが運転される盛岡駅 - 新青森駅間の各駅間に限り、空席に着席することができる特定特急券を発売している。かつては仙台駅以北区間で定期運行される列車に「自由席」も設定されており、さらに仙台駅 - 盛岡駅間のみを利用する場合に限り、自由席特急券で普通車指定席の空席を利用できる特例が設定された。全車座席指定制は2003年10月改正までの東海道・山陽新幹線のぞみ」と同様であったが、「のぞみ」と異なり、「はやて」「こまち」ではフルムーン夫婦グリーンパス(合計年齢が88歳以上の夫婦を対象とした、新幹線を含むJR全線グリーン車を利用可能な特別企画乗車券)やジャパンレールパス(外国人を対象とした、新幹線を含むJR全線グリーン車あるいは普通車指定席を利用可能な特別企画乗車券)などのJR全線乗り放題の乗車券類が利用可能である(フルムーン夫婦グリーンパスではグリーン車も利用可能)。ジパング倶楽部レール&レンタカーきっぷなどのような、運賃や特急料金が割り引かれる制度では、「はやて」「こまち」特急料金は割引対象となる(多客期を除く)。併せて、「のぞみ」のような「ひかり」や「こだま」と異なる特急料金も設定されていない(「はやぶさ」では「はやて」や「やまびこ」などと異なる特急料金が設定されている)。仙台駅 - 新青森駅間については新幹線定期券「FREX」での利用も可能で、普通車の空席に着席することとなる。

北海道新幹線開業後の「はやて」には、JR北海道がE5系とほぼ同仕様で製造したH5系電車も導入されたが、4編成のみで運用が限られるため、当初から「はやて」の定期運用はない[6]。H5系の「H」は社名の「Hokkaido Railway Company」の頭文字を表す。

所要時間[編集]

東京駅 - 盛岡駅:2時間55分 - 3時間
盛岡駅 - 新函館北斗駅:2時間9分
新青森駅 - 新函館北斗駅:1時間6分

沿革[編集]

2002年平成14年)12月1日:東北新幹線の八戸駅延伸により運転開始[2]。東京駅 - 八戸駅間15往復・仙台駅 - 八戸駅間1往復の運転で、停車駅は東京駅・上野駅・大宮駅(2号を除く)・仙台駅・盛岡駅と、一部列車が上野駅・古川駅・一ノ関駅・北上駅・いわて沼宮内駅・二戸駅に停車。
2003年(平成15年):盛岡駅→八戸駅間の「はやて」271号が運転開始。
2005年(平成17年)12月10日:ダイヤ改正により、東京駅 - 盛岡駅間の「はやて」が運転開始(速達「やまびこ」を全車指定席にして編入)。日中は「やまびこ」と「はやて」が仙台で乗り継げるダイヤとした[7]
2007年(平成19年)
3月18日:全車両禁煙化。
8月15日・16日:仙台駅→上野駅間の臨時「はやて」を運転。上りでの仙台始発の列車は、「はやて」開業以来初めて。
12月1日:東京駅→仙台駅間の臨時「はやて」を運転。宮城県沖地震の特例以外では初の運転となった。
2008年(平成20年)3月15日:仙台駅→東京駅間の「はやて」が定期運行開始。同時に、盛岡駅発の上り1本を臨時列車に変更。
2009年(平成21年)3月14日:東京駅→仙台駅間の「はやて」が定期運行開始。また、上り一番列車である2号が大宮駅に停車し、「はやて」は全列車が大宮駅に停車となる。
2010年(平成22年)
3月13日;12月3日:仙台駅発東京駅行き「はやて」と盛岡駅始発東京駅行き「やまびこ」との接続を取れるダイヤに変更。
12月4日:八戸駅発着の「はやて」を新青森駅まで延伸し、盛岡駅始発・終着で仙台駅 - 盛岡駅間各駅停車となった「はやて」を増発、東京駅 - 仙台駅間の「はやて」1往復を廃止。盛岡始発着のはやてがこれまでの1.5往復から7往復にまで増発された[8][9]
2011年(平成23年)
3月5日:「はやぶさ」運転開始、「はやて」の新青森駅発着列車の時間帯を一部変更[10]
11月19日:「はやて」の東京駅 - 新青森駅間2往復、東京駅 - 盛岡駅間2往復をE5系に置き換え。同時にグランクラスの営業やE3系「こまち」との併結運転も行われている[11]
2012年(平成24年)
3月17日:「はやて」の盛岡駅 - 新青森駅間1往復、仙台駅 - 新青森駅間1往復、東京駅 - 新青森駅間5往復をE5系に置き換え[12][13][14]
4月27日:「はやて」の東京駅 - 新青森駅間1往復をE5系に置き換え[12]
9月29日:「はやて」の東京駅 - 新青森駅間3往復、東京駅 - 盛岡駅間1往復をE5系に置き換え[15][16]
2013年(平成25年)
1月26日:「はやて」の東京駅 - 新青森駅間2往復をE5系に置き換え[17]
3月16日:ダイヤ改正に伴い、以下のとおり変更[18][19][20]
新青森駅発着の「はやて」をE5系に統一。これにより、盛岡駅以北にてE2系の定期運用終了[注 5]
盛岡・新青森駅発着の「はやて」4往復を「はやぶさ」に変更。以降、新青森駅発着列車は欠番が多数発生する。
一部のE5系使用列車で専任アテンダントによる車内サービスが省略され、座席のみの営業となる。これにより、対象列車のグランクラス料金が値下げされた。
9月28日:ダイヤ改正に伴い、以下のとおり変更[21][22]
新青森駅発着の「はやて」3往復を「はやぶさ」に変更。
盛岡駅発着の「はやて」1往復をE3系からE6系に置き換え。これにより、17両編成の「はやて」が設定される。
E2系とE3系0番台の併結による定期運用終了。
2014年(平成26年)3月15日:ダイヤ改正に伴い、次の通りに変更[23][24][25][26]
新青森駅発着の「はやて」を1往復のみに削減(盛岡駅 - 新青森駅間運転)。
東京駅 - 盛岡駅間(仙台駅以北各駅停車)の「はやて」の一部列車を「はやぶさ」に統合。これにより、盛岡駅発着の「はやて」は3.5往復(下り3本・上り4本)のみとなり、E6系による定期運用終了。
秋田新幹線「こまち」との併結運転終了。
2015年(平成27年)3月14日:グリーンアテンダント・サービスを廃止[27]
2016年(平成28年)3月26日:ダイヤ改正に伴い、次の通りに変更[28]
北海道新幹線新青森駅 - 新函館北斗駅間の開業に伴い、盛岡駅・新青森駅 - 新函館北斗駅間の運転を実施。
盛岡始発東京行き「はやて」2本を「はやぶさ」に統合。盛岡駅発着の「はやて」は2.5往復(下り3本・上り2本)となる。
「はやて」98号・93号に設定されていた自由席を廃止。これにより、全ての列車が全車指定席となる。
2018年(平成30年)3月17日:ダイヤ改正に伴い、東京駅 - 盛岡駅間(仙台駅以北各駅停車)の「はやて」2往復を「はやぶさ」に統合。これにより、東京駅 - 盛岡駅間の「はやて」は下り1本のみとなる[29][30]
2019年(平成31年)3月16日:ダイヤ改正に伴い、次の通りに変更[31]
東京駅→盛岡駅の「はやて」を「はやぶさ」に統合。これにより、東京駅発着の「はやて」定期列車が消滅。
青函トンネル内の最高速度を160km/hに引き上げ、所要時間を短縮。
北海道新幹線区間(新青森駅 - 新函館北斗駅間)で車内販売を廃止[32]。東北新幹線区間(東京駅 - 新青森駅駅間)は飲料・菓子類・つまみ類のみの販売に縮小する。

脚注[編集]

注釈[編集]

出典:Wikipedia
2020/03/24 16:30
ソ人気記事ランキング
2020/03/30 更新
 1位まわり将棋
 2位今村昌平
 3位3月29日
 4位成宮いろは
 5位ジャーマンウイングス9525便墜落事故
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant