サービス終了のお知らせ
はじまりのみち
▼人気記事ランキング
3.製作
撮影は2012年11月9日より始まり、長野県群馬県栃木県などでロケが行われ、木下惠介の生まれた場所である静岡県浜松市で11月29日にクランクアップした[4]ポストプロダクションを2013年2月まで行った[5]。浜松市では、作品の舞台でもある天竜区春野町の気田小学校が撮影に使われ、同校の児童らがエキストラとして参加した[6]。群馬県のロケ地の一つに、桐生市にある古民家を活用した「桐生織塾」がある[7]
作中には、木下の監督した映画のうち、15作品[8]の一部分が、さまざまな形で引用されている。中でも本作の物語と関わりの深い『陸軍』は、問題となったラストシーンが、ストーリーの途中にほぼそのままの形で挿入された。
[4]前ページ
(2.キャスト)
[6]次ページ
(3.1.スタッフ)

4. “巨匠・木下恵介“生誕100年”の日に『はじまりのみち』最新画像が公開”. チケットぴあ (2012年12月5日). 2012年12月12日閲覧。
5. “「実写とアニメの違いは季節と天気に左右されること」 原恵一監督『はじまりのみち』クランクアップ”. アニメ!アニメ! (2012年12月10日). 2012年12月12日閲覧。
6. “宮崎あおいが袴で登場? 加瀬亮主演作『はじまりのみち』でナレーションに大抜擢!”. cinemacafe.net (2013年2月18日). 2013年2月18日閲覧。
7. “映画「はじまりのみち」 大戦中の実話に登場、古民家「桐生織塾」(群馬・桐生市)”. 産経ニュース (2015年3月8日). 2015年3月8日閲覧。
8. 登場した作品は、『花咲く港』『陸軍』『わが恋せし乙女』『お嬢さん乾杯!』『破れ太鼓』『カルメン故郷に帰る』『日本の悲劇』『二十四の瞳』『野菊の如き君なりき』『喜びも悲しみも幾歳月』『楢山節考』『笛吹川』『永遠の人』『香華 前篇/後篇』『新・喜びも悲しみも幾歳月』(以上、登場順。『はじまりのみち』劇場パンフレットより)。

~目次に戻る
出典:Wikipedia
2018/03/17 04:32
ソ人気記事ランキング
2020/03/29 更新
 1位成宮いろは
 2位増岡弘
 3位大学の略称
 4位ジャーマンウイングス9525便墜落事故
 5位玉木玲
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant