サービス終了のお知らせ
にごりえ
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
にごりえ」は、樋口一葉短編小説1895年明治28年)9月、博文館文芸倶楽部』に発表される。
「にごりえ」が発表された明治28年は、1889年(明治22年)に死去した一葉の父・則義の七回忌にあたる[1]。一葉は法要のため博文館に原稿料の前借りを申し出ており、「にごりえ」の原稿はその引き換えとして執筆された[2]山梨県立文学館所蔵の未定稿によれば、当初の草稿では「ものぐるひ」「親ゆずり」の仮題が付けられている。
銘酒屋遊女お力が、落ちぶれて妻子とも別れた源七と情死するまでを描く。作者の住む丸山福山町を舞台に、ここに生きる住民を描写している。
目次
1.あらすじ
2.映像化作品
3.脚注
4.関連項目
5.外部リンク
出典:Wikipedia
2019/11/21 18:31
ソ人気記事ランキング
2020/03/30 更新
 1位まわり将棋
 2位今村昌平
 3位3月29日
 4位成宮いろは
 5位ジャーマンウイングス9525便墜落事故
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant