ところてん
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
ところてん心太または心天瓊脂)は、テングサオゴノリなどの紅藻類をゆでて煮溶かし、発生した寒天質を冷まして固めた食品。それを「天突き」とよばれる専用の器具を用いて、押し出しながら細い糸状(麺状)に切った形態が一般的である。
全体の98〜99%が水分で、残りの成分のほとんどは多糖類(アガロース)である。ゲル状の物体であるが、ゼリーなどとは異なり表面はやや堅く感じられ、独特の口当たりがある。内で消化されないため栄養価はほとんどないが、食物繊維として整腸効果がある。
関東以北および中国地方以西では二杯酢あるいは三杯酢をかけた物に和辛子を添えて、関西では黒蜜をかけて単体又は果物などと共に、東海地方では箸一本で、主に三杯酢をかけた物にゴマを添えて食べるのが一般的とされる。また、醤油系のタレなどで食べる地方もある。
ところてんを戸外で凍結乾燥させたものが寒天である。
目次
1.製法
2.歴史
├2.1.儀式としてのところてん
├2.2.江戸時代のところてん
└2.3.俳句
3.ところてんに関連する派生語・作品等
4.関連項目
出典:Wikipedia
2019/06/15 08:00
ソ人気記事ランキング
2019/08/18 更新
 1位日本
 2位玄倉川水難事故
 3位雅樹ちゃん誘拐殺人事件
 4位千と千尋の神隠し
 5位二・二六事件
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant