てんかん
▼人気記事ランキング
11.社会的状況
11.1.てんかん患者として知られる著名人
注記:歴史上の人物に関しては、近代医学での確定診断が行われていない場合がある。

俳優
ヒューゴ・ウィーヴィング
ダニー・グローヴァー
ブルース・リー - 死因の一つともされている。
音楽家
アダム・ホロヴィッツ(ビースティ・ボーイズ
リチャード・ジョブソン(ザ・スキッズ
ニール・ヤング
大江光
沢田泰司(元X JAPAN
イアン・カーティスジョイ・ディヴィジョン) - ステージ上で発作を起こすこともあり、自殺の一因になったとの説もある。
ジョージ・ガーシュウィン - 多型性神経膠芽腫の最初の徴候として、めまいや短時間のブラックアウトと同時に、焼けたゴムのような臭いがしていたという。腫瘍を取り出す手術を受けたが6か月後に死亡した。
プリンス (ミュージシャン) - 幼少期にてんかん発作のためにいじめを受けた経験があり、1992年の楽曲"The Sacrifice of Victor" には自らのてんかんに触れた歌詞がある。
キース・リチャーズ - 2006年に木から落ちて外傷性てんかんを発症して以降、抗てんかん薬を使用[24]
MCトラブル - 1991年にてんかん発作に伴う心臓発作で死去。20歳没。
芸術
エドワード・リア画家) - 子供の時に発症し、姉のジェーンも頻繁な発作に罹っていて早世したことから、遺伝からくるものだったのではないかと推測されている。彼は自身のてんかんを恥じて生涯周囲には隠していたが、自身の日記で各々の発作の様子を記していた。
フィンセント・ファン・ゴッホ (画家)
スポーツ選手
ピート・アレクサンダー(元MLB選手)
バディ・ベル(元メジャーリーグ選手)
トニー・ラゼリ(元メジャーリーグ選手)
フローレンス・ジョイナー陸上選手
ジェイ・ボスロイドプロサッカー選手
作家
フィリップ・K・ディック
フョードル・ドストエフスキー
ビョルンスティエルネ・ビョルンソンノルウェー国歌の作詞者) - 晩年脳卒中に倒れた後、部分てんかんに罹った。
ギュスターヴ・フローベール[25]
宗教家
ピウス9世(第255代ローマ教皇
ジャンヌ・ダルク
ギュイヨン夫人(神秘主義思想家)
ジョセフ・スミス・ジュニアモルモン教設立者)
リジューのテレーズカトリック教会聖人
パウロ
アビラのテレサスペインローマ・カトリック教会の神秘主義思想家) - 慢性的な頭痛や一時的ブラックアウトに悩まされ、酷いときには4日間も昏睡状態に陥ることもあったという。
ムハンマド - 側頭葉てんかんが、彼に霊感を与えていた原因の一つである、という分析がある。
エゼキエル預言者
スウェーデンのビルギッタスウェーデン聖職者
学者
ソクラテス哲学者
エマヌエル・スヴェーデンボリ科学者政治家神秘主義思想家
カール・グスタフ・ユング精神科医心理学者) - 幼少時、失神を伴う痙攣発作をたびたび起こしていた。[26]
アルベルト・アインシュタイン(理論物理学者) - 6歳の時に、家庭教師が自宅を訪れた際に発作を起こし、家庭教師に向かって椅子を投げつけた事がある。
南方熊楠博物学者生物学者民俗学者) - 14歳頃の時、精神的な病を発し、18歳の時、授業中にてんかん発作を起こし、明治22年4月27日「夜てんかん発症」と、日記に記している[27]
君主・王族
カリグラ
ミカエル4世東ローマ帝国マケドニア王朝皇帝
イヴァン5世ロマノフ朝第4代のモスクワ大公
ジョンイギリス王子)
ヴェストマンランド公エーリクスウェーデン王子)
フェルディナント1世オーストリア皇帝ハンガリー王ボヘミア王
趙n(北宋神宗の九男)
永楽帝明朝第3代の皇帝
政治家
ガイウス・ユリウス・カエサル
ハリエット・タブマン奴隷解放運動家)
エリザベス・モンロージェームズ・モンロー第5代アメリカ合衆国大統領夫人
アイダ・マッキンリー(ウィリアム・マッキンリー第25代アメリカ合衆国大統領夫人)
ナポレオン・ボナパルト - 夜中に短時間しか眠らなかったというエピソードは、睡眠中に発作を起こすため連続した睡眠が得られなかったことに起因している。なお、彼は一般に「3時間しか眠らなかった」と言われるが、実際は昼寝をしていて、それを含めれば6〜8時間に達していた(当時彼に仕えていた人の日記などからそう判断される)。
ウラジーミル・レーニン - 亡くなる最後の数ヵ月前に発病し、てんかん重積が原因で死亡した。ちなみに、その発作は50分間も続いた。
その他
ダニエル・タメット円周率暗唱のヨーロッパ記録保持者)
エドワード・スノーデンNSACIA個人情報収集を告発した元局員)
他の人物についてはen:List_of_people_with_epilepsyを参照。

[4]前ページ
(10.疫学)
[6]次ページ
(11.2.福祉制度)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/08/01 09:00
ソ人気記事ランキング
2019/08/25 更新
 1位日本
 2位文京区幼女殺人事件
 3位飯田祐基
 4位名古屋小6受験殺人事件
 5位山本美香
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant