てんかん
▼人気記事ランキング
2.てんかん発作およびてんかん症候群の分類
2.1.1981年度ILAEてんかん発作型分類
この発作型分類は発作症状と脳波所見の忠実な対比から成り立つ。この分類では発作型および脳波変化が一側半球の部分に局在する部分発作(partial seizures、近年は焦点性発作、focal seizureともいう)と臨床症状が最初から両側半球が巻き込まれたと考えられる全般発作(generalized sezures)に分類される。部分発作(焦点性発作)はさらに意識が障害されない単純部分発作と意識障害がある複雑部分発作、さらに部分発作から全般性強直間代発作に進展する二次性全般化の3種類に分類される。全般発作は最初から両側半球巻き込まれた症状のみられる発作であり、欠神発作、ミオクロニー発作、間代性発作、強直性発作、強直間代性発作、脱力発作に分けられる。

[4]前ページ
(2.てんかん発作およびてんかん症候群の分類)
[6]次ページ
(2.2.1989年度ILAEてんかん、てんかん症候群分類)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/08/01 09:00
ソ人気記事ランキング
2019/08/17 更新
 1位島田さくら
 2位日本
 3位玄倉川水難事故
 4位雅樹ちゃん誘拐殺人事件
 5位吉展ちゃん誘拐殺人事件
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant