てんかん
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
てんかん癲癇英語: Epilepsy)とは、脳内の細胞に発生する異常な神経活動(「てんかん放電」)によっててんかん発作をきたす神経疾患、あるいは症状[6]神経疾患としては最も一般的なものである[6]
古くから存在が知られている疾患のひとつで、ソクラテスユリウス・カエサルが発病した記録が残っている。全般発作時の激しい全身の痙攣から、医学的な知識がない時代には、狐憑きに代表される「憑き物」が憑依したと誤認され、「放っておくと舌を噛んで死ぬ」と思われていたり、周囲に混乱を起こすことがあり、偏見や差別の対象となることもあった。
全世界で5000万人がこれを患っているとされ[7]、患者のおよそ80%は発展途上国の国民である[6]。各国の疫学データでは発症率が人口の1%前後となっている。昔は「子供の病気」とされていたが、近年の調査研究で、老若男女関係なく発症する可能性があるとの見解も示され、80歳を過ぎてから発病する報告例もあるが、エミール・クレペリンは、老年性てんかんに対しては別個のものとして扱っている。
予防や完治は不可能であるが、制御は可能な病気であり、抗てんかん薬が用いられる[6][6]。年間の医薬品コストはわずか5ドルにすぎない[6]が、通院、入院、検査には費用がかかり、日本では医療費自己負担額軽減のための制度もある[9]。また、食事療法によっても発作の軽減や抑制が可能な病気である。
目次
1.定義
2.てんかん発作およびてんかん症候群の分類
├2.1.1981年度ILAEてんかん発作型分類
└2.2.1989年度ILAEてんかん、てんかん症候群分類
3.てんかん発作の症状
├3.1.部分発作
└3.2.全般発作
4.てんかん重積
├4.1.全身痙攣性てんかん重積
└4.2.非痙攣性てんかん重積
5.てんかん発作の誘因
6.難治性てんかん
7.検査
├7.1.脳波
├7.2.脳磁図
├7.3.画像検査
└7.4.血液・尿検査
8.診断
├8.1.てんかんか否かの診断
├8.2.てんかん発作型の診断
└8.3.てんかん症候群の診断
9.管理
└9.1.救急診療
10.薬物療法
11.外科治療
└11.1.迷走神経刺激療法(VNS)
12.発作と治療
13.断食・絶食療法
14.ケトン食療法
├14.1.ケトン食による治療
├14.2.抗癲癇薬の開発
├14.3.中鎖中性脂肪
├14.4.普及
├14.5.治療の成果
└14.6.日本での現状
15.作用機序
├15.1.発作の病理学
└15.2.発作の抑制
16.疫学
17.社会的状況
├17.1.てんかん患者として知られる著名人
├17.2.福祉制度
├17.3.てんかん患者の自動車運転について
├17.4.患者へのスティグマ
├17.5.てんかんを取り扱った作品
└17.6.てんかん啓発キャンペーン
18.注
19.参考
20.文献
21.関連項目
22.外部リンク
出典:Wikipedia
2019/12/07 19:00
ソ人気記事ランキング
2019/12/16 更新
 1位日本
 2位梅宮辰夫
 3位松本ちえこ
 4位新春かくし芸大会の放送一覧
 5位無名塾出身の俳優一覧
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant