つくばセンター
▼人気記事ランキング
1.概要
国際科学技術博覧会(科学万博)開幕直前の1985年3月14日筑波研究学園都市センター地区の交通ターミナルとして「つくばセンター交通広場」が設置され、付近を通っていた路線バスが乗り入れるようになった。当初から停留所名は「つくばセンター」である。研究学園都市における交通の拠点として機能し、『JTB時刻表』では2006年4月号でつくば駅に変更されるまで市の中心駅として記載された。

つくばエクスプレス開業後は、「つくばセンター交通広場」が「駅前広場」に改称され、駅に付帯するバス乗り場、即ち実質的には“つくば駅バス停”となったが、交通網の実態や歴史的経緯なども絡み、現在も「つくばセンター」の名を引き続き使用し、正式名称としては「駅」を名乗っていない。一部で「(TXつくば駅)」の併称・併記を実施している。

筑波山筑波大学などの市内観光地・研究機関、牛久土浦下妻などの周辺都市への一般路線バスや、つくば市のコミュニティバス「つくバス」、都内東京国際空港(羽田空港)、成田国際空港(成田空港)、茨城空港水戸東京ディズニーリゾートお台場などを結ぶ中距離高速バスや、名古屋京都大阪方面への夜行長距離高速バス路線が発着する。

[6]次ページ
(2.駅前広場)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/11/11 00:30
ソ人気記事ランキング
2019/12/10 更新
 1位日本
 2位HR 8799 c
 3位HR 8799 d
 4位HR 8799 b
 5位松本ちえこ
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant