ちゃぶ台
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
ちゃぶ台チャブ台(ちゃぶだい)は、日本で用いられる四本脚の食事用座卓である。一般的に方形あるいは円形をしており、折り畳みができるものが多い。上座下座という上下の関係があまり感じられず、昭和初期の家族の団欒を象徴するシンボルとして取り上げられる[1]1887年(明治20年)ごろより使用されるようになり、1920年代後半に全国的な普及を見た[2]。しかし1960年(昭和35年)ごろより椅子式のダイニングテーブルが普及し始め、利用家庭は減少していった[2]
目次
1.語源
2.形状
3.歴史
├3.1.前史
├3.2.ちゃぶ台の普及
└3.3.ちゃぶ台の衰退
4.脚注
5.参考文献
6.関連項目
出典:Wikipedia
2019/12/07 10:00
ソ人気記事ランキング
2019/12/08 更新
 1位日本
 2位HR 8799 c
 3位HR 8799 d
 4位HR 8799 b
 5位山口小夜子
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant