だるま
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
だるま達磨)は、インドから中国へ仏教を伝えた僧侶・達磨。転じて、達磨の坐禅姿を模した日本の置物。現在では縁起物として広く親しまれている後者について、本項では解説する。
多くは赤色の張子(はりこ)で製作される。達磨が壁に向かって座禅を続けて(面壁九年)手足が腐ってしまったという伝説にちなみ、手足がなく、顔が大きい。白目のまま販売され、祈願のため左目に黒目を書き入れ、成就すると右にも黒目を入れる「目入れだるま」の風習が、江戸文化年間に始まって以降続いている[1]
目次
1.歴史
2.だるまの種類
├2.1.松川だるま
├2.2.高崎だるま
├2.3.白河だるま
├2.4.越谷だるま
├2.5.東京だるま・多摩だるま
├2.6.相州だるま
├2.7.鈴川だるま
├2.8.姫だるま
├2.9.五色願かけだるま
├2.10.豊の姫だるま
└2.11.三原だるま
3.だるま市
4.だるまから派生したもの
├4.1.だるま落とし
├4.2.だるまさんがころんだ
├4.3.にらめっこ
├4.4.だるま弁当
└4.5.だるまに因む言葉
5.関連文献
6.脚注
├6.1.注釈
└6.2.出典
7.関連項目
8.外部リンク
出典:Wikipedia
2019/07/21 21:00
ソ人気記事ランキング
2019/08/21 更新
 1位日本
 2位千と千尋の神隠し
 3位玄倉川水難事故
 4位8月20日
 5位雅樹ちゃん誘拐殺人事件
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant