だいち3号
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
だいち3号陸域観測技術衛星3号ALOS-3, Advanced Land Observing Satellite、エイロス3)は、宇宙航空研究開発機構(JAXA)が、地図作成、地域観測、災害状況把握、資源調査などへの貢献を目的として開発を計画した「だいち」の後継の地球観測衛星可視光赤外線により地表を観測する光学衛星で、2016年(平成28年)度にH-IIAロケットによって打ち上げられる予定であったが、2015年(平成27年)度から一部仕様が変更された上で先進光学衛星と表記を変えて計画が進められている。打ち上げは2020年度の予定[1]
目次
1.概要
2.旧計画
3.脚注
4.関連項目
5.外部サイト

1. 宇宙基本計画工程表(平成28年度改訂案) (PDF)”. 宇宙開発戦略本部 (2016年12月13日). 2017年6月1日閲覧。

出典:Wikipedia
2017/12/15 13:32
ソ人気記事ランキング
2019/11/18 更新
 1位日本
 2位沢尻エリカ
 3位伊藤綾子
 4位滝口幸広
 5位11月17日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant