たけしの挑戦状
▼人気記事ランキング
9.関連作品
関係者インタビュー[2][17]によると、当時本作の攻略本を制作した太田出版には、「攻略本を読んでも解けない」との苦情電話が、問い合わせのものと合わせて一日400件も殺到したという。対応に追われ辟易した当時の編集者は、「担当者は死にました」と虚偽の回答をしていたそうである。1冊目がほとんど攻略本として役に立たなかったことから「攻略本の攻略本」として2冊目が出版される[10][22]。この本の後書きで、たけしが「これで解けないからといって、間違っても傘と消火器を持って太田出版に殴りこまないように」と自らが起こしたフライデー襲撃事件をネタにしたコメントを書いている。

[4]前ページ
(8.備考)
[6]次ページ
(10.1.注釈)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2018/10/13 01:00
ソ人気記事ランキング
2018/12/11 更新
 1位日本
 2位艶堂しほり
 3位ディアトロフ峠事件
 4位鎌倉ものがたり
 5位12月10日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant