サービス終了のお知らせ
それいけ!アンパンマン
▼人気記事ランキング
13.その他の特記事項
第1回目の放送から全ての回に登場するのは、アンパンマン、ばいきんまん、ジャムおじさん、バタコさん、めいけんチーズの5人である[注 69]。中にはばいきんまんを必要としない話もあるが、登場しないわけではない(逆にアンパンマン達がストーリーに関係しない話もある)。
アフレコは放送開始当初(1988年)から毎週月曜日の10時 - 15時にキャスト全員で行われる。
夏の映画公開前には予告部分で映画の案内[注 70] も放送される。ただし、青森放送など一部の地方局では、該当部分は通常の予告に差し替えられる(実質の裏送り)。また、日本テレビでは、Bパート終了直前に似顔絵の募集先の案内テロップ[注 71] が流れる。
放送開始の1年前の1987年の時点には第1話(パイロット版)が作られていたが、アンパンマンは現在と造形が異なり、身長が高く、顔も丸形ではなく四角形だった。このデザインには原作者のやなせも苦言を呈したことから、お蔵入りとなった。
なお、この第1話は2008年7月29日に放送された『スッキリ!!』の特集で公開された。この第1話でアンパンマンの声を担当したのは山田ふしぎだった[25]
アンパンマンがばいきんまんを「アンパンチ」でやっつけるのが定番となっているが、第1話ではアンパンチではなく洗濯機を使ってやっつけるという展開だった[26]。アンパンチをはじめて用いたのは第2話B「アンパンマンとカレーパンマン」である。
他のアニメ作品に本作のキャラクターが出演(コラボレーション)したことはない。ただし、バラエティ番組に着ぐるみとして出演したことはある[注 72]。テレビ番組以外では、2008年から2009年にかけて日本テレビで放送された開局55周年記念キャンペーンコラボCMでアンパンマン、ばいきんまん、ドキンちゃん、バタコさん、カレーパンマン、しょくぱんまん、メロンパンナ、ホラーマンが『アンパンマンバンド』として出演したことがある[27][28]
福岡県福岡市で開催される『博多どんたく』の開催中に運行される花自動車の題材として、1989年1997年2008年の3回にわたり本作が採り上げられている(アニメ作品では最多)。なお、2008年には運行中に出火事故を起こした[29]。なお、2014年は、花電車として、本作品を取り上げた。
映画第1回から長編のみテレビ放映されている。
戸田のオフィシャルブログではアフレコした話の台本の写真を毎週火曜(月曜深夜)に掲載することがあるので将来の放送予定をある程度知ることができる。
[4]前ページ
(12.日本国外での展開)
[6]次ページ
(14.1.注釈)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/02/02 07:01
ソ人気記事ランキング
2020/02/20 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位岡崎美女
 4位黒谷友香
 5位2月19日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant