サービス終了のお知らせ
それいけ!アンパンマン
▼人気記事ランキング
8.各コーナーのアニメーション
8.3.サブタイトルアニメーション
サブタイトルは白の手書き風文字で表示される(ただし「アンパンマン」の文字のみタイトルロゴの白抜きを使用している)。題名の下には脚本・絵コンテ・演出を担当したスタッフがクレジットされる(3代目使用期までは絵コンテ担当はクレジットされなかった)。クリスマスSPではクリスマス風のフレームが表示される。BGMは「アンパンマンのマーチ」のアレンジで、初代より同じものが使われている。

初代(第1話(1988年10月3日) - 第63話(1989年12月25日))
2代目(第64話(1990年1月8日) - 第126話(1991年3月25日))
3代目(第127話(1991年4月1日) - 第348話(1995年9月25日))
4代目(第349話(1995年10月2日) - 第1028話(2010年3月26日))
5代目(第1029話(2010年4月2日) - )
パン工場のパン焼き釜をホラーマンと4体のかびるんるんが開けるとばいきんまんの仲間達が出てくる(2話目のみ)。かぜこんこん、たぬきおに、フランケンロボくんも登場する。また、氷の女王、こおり鬼、くらやみまん、化石の魔王、黒バラ女王など、敵キャラクターも登場している。
アンパンマンが唯一登場しないサブタイトルアニメーションでもある。また、ばいきんまん、ジャムおじさん、バタコさん、めいけんチーズ、ドキンちゃん、カレーパンマン、しょくぱんまん、メロンパンナ、クリームパンダなどのメインキャラクターも登場しない。パン焼き窯のレンガの色は第1032話までは虹色だったが、第1033話以降は従来と同様の茶色を基調とした彩色に変更されている。近年ではサブタイトルのフォントが変更されている。
[4]前ページ
(8.2.勇気りんりんアニメーション)
[6]次ページ
(8.4.アイキャッチアニメーション)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/02/02 07:01
ソ人気記事ランキング
2020/02/17 更新
 1位日本
 2位黒谷友香
 3位槇原敬之
 4位岡崎美女
 5位野村沙知代
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant