そごう
▼人気記事ランキング
7.世界展開
経営破綻に至るまでは積極的に展開を行い、中国香港台湾タイマレーシアシンガポールインドネシアイギリススペインに 合弁会社、現地法人を設立していた。が、再建中に資本は全て引き上げ撤退した。現在も「そごう」の商標を用いているものもあるが、これはライセンス供与フランチャイズの関係。

北京市西城区宣武門外大街8号 地下鉄4号線菜市口駅 1998年(平成10年)6月[43]24日開店。84,000m2
1998年(平成10年)4月3日設立。荘勝百貨(ジューンフィールド・デパート)グループ
そごう・西武」との関係は商標貸与のみ[87]。中国本土で「そごう」を名乗れるのは当グループ店のみ。
武漢荘勝そごう 湖北省武漢市?口区解放大道374号 33,700m2。2000年(平成12年)12月24日開店。 香港そごう香港
香港島銅鑼湾(コーズウェイベイ)1985年(昭和60年)5月31日開店[6]。売り場面積33,000m2[7]
1983年(昭和58年)9月設立。2001年(平成13年)1月 香港企業利福國際グループ (Lifestyle International Holdings)に売却したため、「そごう・西武」との関係は商標貸与のみ[87]
九龍尖沙咀(チムサーチョイ)支店 2005年9月30日開店。2014年2月閉店。[88] 同年11月、近くにあるシェラトンホテルのショッピングモールに再開。[89][90]
遠東SOGO台湾
1986年(昭和61年)3月会社設立。当初はそごうが出資していたが、2002年(平成14年)以降は台湾企業遠東グループの100%出資会社[91]。副会長は日本人・井上哲氏。「そごう・西武」との関係は商標貸与のみ。
本社 台北忠孝館 台北市大安区忠孝東路四段45号 1987年(昭和62年)11月11日開店[6]。同店の開店により「ダブルそごう計画(20店舗構想)」が達成された。初日に33万人の来店客を集めた[6]。地上13階建て総面積53,000m2[6]
台北市内の他、中?(1998年(平成10年)9月開業[43])、新竹高雄(1996年(平成8年)9月開業[43])に支店がある。 2017年9月1日、店舗名は遠東そごうに変更された[92]
廣三そごう台湾
台中市西区台中港路一段299号 36,000m2
1992年(平成4年)3月12日 台湾 廣三建設との合弁で「廣三崇光百貨股?有限公司」設立。
1995年(平成7年)11月11日 本館開業。1999年(平成11年)12月6日 2館開業 21,000m2
1998年(平成10年) 債務超過や違法な金銭授受の疑いで廣三建設が財務危機に陥り、曾正仁会長が逃亡。
2003年(平成15年) 2館閉店。ビルを活性化するために「廣三崇光國際開發股?有限公司」が設立されたが、5年間に所有者は何度も交代し、スラム化していた。
2007年(平成19年) 國泰人壽(キャセイ生命)が2館を13億NT$で買収。それぞれ商業ビルとオフィスビルとしてリニューアルし、再生された。
「そごう・西武」との関係は商標貸与のみ。会長は日本人・原島榮一氏、前会長・辻裕氏。[93] 12階には紀伊國屋書店が入居。 1990年(平成2年)>3月1日開店[94]。インドネシア1号店。2006年(平成18年)2月 プラザの改築の際、閉店。スーパーマーケット部門のみ残し「ザ・フード・ホール・グルメ The Food Hall Gourmet」と改称して営業している。[95] クラパ・ガディン・モール店(ジャカルタ) Kelapa Gading Mall
1995年(平成7年)1月開店。11,000m2。華僑系高級住宅街に立地。 プラザ・スナヤン店(ジャカルタ)  Plaza Senayan
1999年(平成11年)10月29日開店。スナヤンはプラザインドネシアと並ぶ高級モール。 ポンドキンダ・モール店(ジャカルタ)  Pondok Indah Mall
エンポリウム・プルイット(ジャカルタ) Emporium Pluit Mall
セントラル・パーク・モール店(ジャカルタ) Central Park Mall
コタ・カサブランカ・モール店(ジャカルタ) Kota Kasablanka Mal
パリス・ファン・ジャワ店バンドン) Paris van Java
サン・プラザ店メダン) Sun Plaza
プラザ・タンジュンガン店スラバヤ) Plaza Tunjungan
ギャラクシー・モール店(スラバヤ) Galaxy Mall
バリ・コレクション店(バリ・ヌサドゥア) Bali collection
ディスカバリー・モール店(バリ・クタ) Discovery Shopping Mall(centro)
1994年(平成6年)1月[7]18日、マレーシア初の高層アパートだったスレイマン・コート跡地に開店。[96]クアラルンプールの庶民的ショッピング・エリア、トゥアンク・アブドゥル・ラーマン通り界隈に立地。そごうグループを離れた後も商標はそのままで存続[87]。一般庶民向けのファミリー・デパート。かつて入居していた紀伊國屋書店はスリア KLCCに移転している。 ペナンそごう[7]ペナン州) Penan SOGO
1989年(平成元年)[7]9月「ガマ・デパート」 Gama Supermarket & Departmental Store 開店。地下2階地上8階 売り場面積11,000m2[7]
1989年(平成元年)12月 広島そごうがガマを約3940万RMで買収。[97] そごうグループを離れたガマ・デパートは存続している。かつて入居していた紀伊國屋書店は撤退。 そごうシンガポール SOGO Department Stores (S) Pte Ltd
1986年(昭和61年)10月25日開店[99]。2000年(平成12年)9月30日閉店[100]。売り場面積12,500m2[7]
撤退後はイギリス資本の ロビンソンズRobinsons(アメリカ系ロビンソン百貨店とは別)、マークス&スペンサーMarks & Spencerが入居。 タンピネス店 Tampines Store
パラゴン by そごう Paragon by SOGO
そごうグループを離れた後モール・グループが運営。グッチダンヒルサルヴァトーレ・フェラガモなどの高級ブランド中心の高級ショッピング・モール。 そごうタイランド SOGO(Thailand)Co., Ltd.
バンコク ラーチャダームリ通り、ラーチャプラソング交差点交差点に庶民派の「アマリンそごう」と高級志向の「エラワンそごう」の2店が隣り合って並んでいた[7]。どちらも大成建設が建てたビル[101]、どちらもそごうタイランドとアマリンが出資しながら、それぞれ独立した会社による運営だった。そごう本体の破綻の都合で撤退。合弁パートナーが撤退する場合、タイ側に株式を譲渡することがタイの法律で定められている[102]ため、2店ともアマリンが引き継いでショッピング・センターを運営することになった。 1984年(昭和59年)[7]12月1日開店。アマリン・タワー Amarin Tower 1-4階。そごう海外1号店[7]。売り場面積12,000m2[7]
撤退後、「アマリン・プラザ Amarin Plaza として運営されている。タワー9階にはJCBプラザ、15階には盤谷日本人商工会議所が入居する他、ホテル、スパなどがある。 エラワンそごう Erawan SOGO Co., Ltd
1990年(平成2年)12月4日開店。グランド・ハイアット・エラワン・バンコクビル内。売り場面積13,435m2[7]
撤退後、2004年(平成16年)11月24日から高級ショッピングセンター「エラワン・バンコク Erawan Bangkok として運営されている。「バーバリー」の旗艦店、タイ初出店の「コーチ」などが入居。[103] ロンドンそごう SOGO(London) Ltd
ヨーロッパ1号店[7]。中心地のピカデリーサーカスに出店していたが、2000年(平成12年)初めには土地・建物を売却して撤退した[43]バルセロナそごう SOGO Espana S.A.
当時スペイン一高い高さ153mの「ザ・ホテル・アーツ・バルセロナ」も併設して運営していたが[7]、売却して撤退した[43] ローマそごう
ミラノ
ビバリーヒルズのロデオドライブにショッピングセンターも出店していたが、2.25億ドルで買収したものを1.3億ドルで売却して撤退した[43]
[4]前ページ
(6.2.そごう・西武(セブン&アイ)移行前)
[6]次ページ
(8.構想はあったが出店を断念した店舗)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2018/11/27 10:30
ソ人気記事ランキング
2018/12/17 更新
 1位日本
 2位島田さくら
 3位12月16日
 4位艶堂しほり
 5位マコーレー・カルキン
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant