サービス終了のお知らせ
しらさぎ (列車)
▼人気記事ランキング
概要
しらさぎは、西日本旅客鉄道(JR西日本)および東海旅客鉄道(JR東海)が名古屋駅米原駅 - 金沢駅間を東海道本線北陸本線経由で運行する特別急行列車である。本項では、中京圏北陸地方を北陸本線経由で結んでいた優等列車(米原駅発着を含む)の沿革についても記述する。

概要[編集]

1964年10月1日に東海道新幹線の開業に合わせて、名古屋駅 - 富山駅間の特急列車として運転を開始すべく準備が進められていた。しかし481系電車の落成が間に合わず、運転開始は12月25日にずれ込むことになった。運転開始当初から一等車食堂車を含む11両編成で運行される。

2015年3月14日のダイヤ改正で、北陸新幹線の開業により北陸新幹線と重複する金沢駅 - 富山駅間は廃止され、金沢駅 - 富山駅間はシャトルタイプの新幹線「つるぎ」で代替された。また、金沢駅 - 和倉温泉駅間についても廃止され、金沢駅発着の特急「能登かがり火」で代替された[広報 1][広報 2]

列車名は山中温泉開湯伝説に登場する白鷺が由来となっている。

北陸新幹線開業に伴う運転区間の変更[編集]

2011年7月に行われたJR西日本の記者会見で、北陸新幹線の開業後、金沢駅より東への特急の運行を取りやめることが発表された[1]。富山県内から関西・中京圏へ向かう際に金沢駅で乗り換えが必要になり利便性が低下することから、富山県はJR西日本に対して特急の存続を求めていた[2]。しかし、普通列車の運行の制約になることや運行経費が第三セクター負担になった際に大赤字となることから特急の富山駅乗り入れの存続は難しいのではないかという見方もあった[3]。結果、しらさぎの金沢 - 富山駅間の運転を取りやめることが2014年8月に公式発表され[広報 3]、北陸新幹線金沢開業と同日の2015年3月14日のダイヤ改正をもって取りやめられた。[広報 1]。この代替として北陸新幹線金沢 - 富山間を各駅停車で往復する「つるぎ」を設定し、金沢駅で特急と乗り継ぎやすくすることで、利便性の維持を図った[広報 2]。また、乗継割引を金沢駅においても導入することで、料金面でも利便性を確保したとしている[広報 1]
北陸新幹線金沢開業以前は名古屋 - 和倉温泉間を運転する列車が1往復設定されていた。金沢駅 - 和倉温泉駅間についてJR西日本は、同じく和倉温泉駅まで運行するサンダーバードの和倉温泉への運転を継続することに前向きな姿勢を示していた[4]。サンダーバード[注釈 1]の1往復を除いて特急の和倉温泉駅への直通運転を取りやめ、新たに金沢 - 和倉温泉間で5往復運転する特急を設定すると2014年8月に発表された[広報 3]。2015年3月14日のダイヤ改正でしらさぎの金沢 - 和倉温泉駅間の運転を取りやめ、金沢 - 和倉温泉間に特急「能登かがり火」を5往復設定し、北陸新幹線や特急と金沢駅で乗り継ぎやすいをダイヤを設定することで、三大都市圏からの利便性を維持・向上した[広報 2]

北陸新幹線の金沢 - 敦賀間が延伸した際についてJR西日本社長の来島達夫は、並行在来線区間を第三セクターに移管することを念頭において、敦賀駅への北への特急の乗り入れは行わず、敦賀駅で特急から新幹線へ乗り換える形を想定していると明らかにしている[5]。福井県側は、福井駅までの特急を存続させることや、敦賀駅までの特急について乗換に不便しないよう便数を確保することを国土交通省に要請している[6]。しかし、しらさぎについては元々福井から中京圏への鉄道利用者が少ないことに加え、東京方面への移動がしらさぎ・東海道新幹線経由から北陸新幹線経由へ移り変わることから、北陸新幹線敦賀延伸後のしらさぎ福井駅乗り入れは難しいのではないかとの指摘がある[7]

北陸新幹線の敦賀以西ルートにおいてのちに決定される「小浜・京都ルート」が優位になった時期に、北陸経済連合会は中京圏との利便性に配慮すべきとの観点から「しらさぎ」の存続を要望している[8]

運行概況[編集]

2015年3月14日現在の運行概況は次の通り[9]

定期列車は名古屋駅 - 金沢駅間で8往復、米原駅 - 金沢駅間で8往復の計16往復、1時間ごとに1本、米原駅の下り列車をおおむね毎時56分発、金沢駅の上り列車をおおむね毎時48分発で運転している。号数については、名古屋駅発着の列車が1-16号、米原駅発着の列車が51-66号となっている。このほか、臨時列車として米原駅 - 金沢駅間で3往復のダイヤが用意されており、多客期に運転されている。米原駅では東海道新幹線との接続が考慮されており、日中は「ひかり」(東京駅新大阪駅発着列車)と9 - 10分で接続して、福井県芦原温泉駅以南から首都圏へつなぐ列車である。また、名古屋駅・米原駅から富山県各地ならびに「サンダーバード」や「ダイナスター」とともに石川県加賀温泉駅以北から首都圏への重要なアクセスを担っている[広報 2]

2008年3月14日まで、通勤・通学輸送の関係で平日のみ発の「しらさぎ」が運転されていたが、翌15日のダイヤ改正で「おはようエクスプレス」に系統分割された。

列車番号は名古屋駅発着の列車が号数+M、米原駅発着の列車は号数+5000Mである。

停車駅[編集]

名古屋駅 - 尾張一宮駅 - 岐阜駅 - 大垣駅 - 米原駅 - (長浜駅) - 敦賀駅 - 武生駅 - 鯖江駅 - 福井駅 - 芦原温泉駅 - (大聖寺駅) - 加賀温泉駅 - 小松駅 - (松任駅) - 金沢駅 ( )は一部列車が停車。
長浜駅:下り3・7・13・51・55・57号、上り6・12・16・56・58・60号が停車。
大聖寺駅:上り64・66号が停車。
松任駅:下り15・51・57・59号、上り2・16・52・54号が停車。

使用車両・編成[編集]

特記がないものは電車での運行。

現在の車両[編集]


基本的に6両編成での運行。多客期等は付属3両編成を増結し、9両編成で運転する[注釈 2][広報 2]
間合い運用で本列車のほかに「ホームライナー大垣[注釈 3]」「能登かがり火」「ダイナスター」でも使用される。
2015年3月14日より、金沢総合車両所に所属するW編成(0番台)・N編成(2000番台、元北越急行所属車)が主に使用されている[10]
これらの編成は「はくたか」や「サンダーバード」から転用されたもので、転用にあたって683系2000番台と同様に側面にはオレンジ色の帯が施されており、金沢総合車両所松任本所と吹田総合車両所でラインカラーの変更(N編成は車体全体の塗り替えも実施)が行われた。ただし先代や転用前とは異なりエンブレムステッカーは貼られていない。
683系8000番台
2015年6月頃より金沢総合車両所所属の元北越急行所属車であるN03・N13編成が「しらさぎ」色に塗り替えられ[11]、上記の681系と共通運用で使用されている。
それ以前にも同年4月に代走として北越急行色のまま米原 - 金沢間の列車で使用された実績を持っている[12]

過去の車両[編集]


1964年に運転を開始してから2003年まで使用された。末期の2001年からは旧「スーパー雷鳥」仕様車を再改造・編成組み換えした専用カラーのリニューアル車が国鉄色の車両に代わって投入されていた。
定期運用終了後も臨時列車などで2006年まで運用に入ることがあった。
581・583系
1972年3月15日から1978年10月2日のダイヤ改正まで、寝台特急「金星」の間合い運用で使用されていた。
683系2000番台
2003年から2015年3月13日まで本列車用に新造されたS編成が使用されていた。基本編成と付属編成の組み合わせによって5両から最大の11両で運転されていた。
改正に伴う本列車からの撤退後は直流化して289系に改番したのち、特急「くろしお」や北近畿ビッグXネットワークへ転用された[広報 4]2015年10月31日より両地区での営業運転を開始している。
681系1000番台
吹田総合車両所京都支所所属の量産先行車(W01・V01編成)が「しらさぎ」塗装に変更されて[13]金沢総合車両所に貸し出され、2015年3月から6月頃までの一時期他の681系と共通運用で使用されていた。
その他の681系・683系
過去には「サンダーバード」用の683系4000番台が米原駅発着の列車を中心に異常時の代走に運用されることや[14]、同じ「サンダーバード」用の681系(0・1000番台)・683系0番台が運用されることもあった[15]

担当車掌区所[編集]

JR東海とJR西日本がそれぞれ自社線内を担当し、名古屋駅発着の列車は米原駅で交代する。なお、2004年3月ダイヤ改正までは運転士のみ交代し、車掌は両社ともに終着駅まで乗務していた。

JR西日本
米原列車区
敦賀地域鉄道部敦賀運転センター
福井地域鉄道部福井運転センター
金沢列車区
JR東海
大垣運輸区
名古屋運輸区

臨時列車[編集]

2005年3月25日から同年9月25日まで愛知県で行われた日本国際博覧会(愛知万博)の開催に合わせ、2005年7月2日から9月25日までの土休日に米原駅 - 金沢駅間で「エキスポしらさぎ」が運転された[広報 5][広報 6]
1989年の世界デザイン博覧会では、名古屋発着列車の一部が金山駅まで延長運転された。

中京圏対北陸本線優等列車概略[編集]

兼六[編集]

1966年10月から1975年3月まで名古屋駅 - 金沢駅間で運転されていた急行列車である。この区間では1964年に特急「しらさぎ」が先に運転を開始していたため、定期列車の運転本数は1往復から増発されることはなかった。一等車またはグリーン車とビュッフェが連結された471・473系の12両編成で運転されていたが、1975年3月10日に「しらさぎ」に統合されて廃止された。

列車名は、石川県金沢市にある日本庭園兼六園が由来となっている。

くずりゅう[編集]

米原駅で東海道新幹線と接続する急行列車として、1966年12月から1985年3月13日まで運転されていた急行列車である。471系による6両編成で、米原駅 - 金沢駅間で2往復(1往復は臨時列車)が運転され、新幹線との接続もよく、米原駅始発であることから着席が保障されるため利用客からの人気が高く、1968年10月には5往復(2往復は不定期列車)に倍増された。1969年には米原駅 - 福井駅間の列車も設定されて6往復になり、1978年10月2日には全列車が定期列車になった。

しかし、1982年11月15日に「加越」の増発により1往復にまで減少し、1985年3月14日に廃止された。

列車名は、福井県内を流れる九頭竜川が由来となっている。

加越[編集]

湖西線の開業により米原駅経由で運転されていた「雷鳥」などの列車が湖西線経由に変更されることから、新たに米原駅で東海道新幹線に接続する特急列車として1975年3月10日から2003年9月30日まで米原駅 - 金沢駅・富山駅間で運転されていた列車である。運転開始当初から、エル特急に指定され、6往復が運転されていた。485系7両編成で食堂車は運転開始当初から連結されていなかった。

夕焼けの東尋坊をイラストにしたヘッドマークが掲げられ、1978年10月のダイヤ改正では、在来線の列車として表定速度が当時最速の86.1km/hに達する列車もあった[注釈 4]。1982年の上越新幹線開業以降、富山駅発着列車は徐々に運転本数が削減され、1991年には米原駅 - 金沢駅間の運転に統一された。末期には臨時「しらさぎ」が運転される際、米原から先のダイヤに組み込まれることもあった。2003年7月に683系が投入されて485系の運用が終了すると「しらさぎ」との差違は運転区間の違いによるものだけになり、同年10月1日に「しらさぎ」に統合されて廃止された。

列車名は、福井県・石川県・富山県の旧国名である越前加賀越中を組み合わせたものである。

1982年公開の映画「疑惑」の最後の場面で、桃井かおりが演じた白河(鬼塚)球磨子が、加越8号(富山ー米原)に乗車し富山駅を出発するシーンがある。

きらめき[編集]

1988年3月13日から1997年3月21日まで米原駅 - 金沢駅間で運転されていた特急列車である。ヘッドマークは「スーパーきらめき」と表示していた。「北越」系統の「かがやき」と共通の、座席間隔の拡大等の各種改装を行った485系が使用され、「加越」の速達列車として運転時間短縮のために停車駅を福井駅のみとした。運転開始当初は、全車普通車指定席の4両編成であったが、後にグリーン車(指定席)を連結した6両編成となった。1991年から自由席が連結されるようになると「加越」とほぼ変わらない存在になり、1997年3月22日の改正で「加越」に統合されて廃止された。

中京圏対北陸本線優等列車沿革[編集]

運行の始まり[編集]

1957年昭和32年)10月1日大阪駅 - 金沢駅間(米原駅経由)準急「ゆのくに」に名古屋発着ならびに島田駅発着の編成が連結される。
1959年(昭和34年)9月22日東京駅 - 金沢駅間(米原駅経由)急行「能登」運転開始。
1960年(昭和35年)10月1日:名古屋駅 - 金沢駅 - 高山駅 - 名古屋駅間循環準急こがね」「しろがね」が運転開始。
「こがね」が金沢駅先着。「しろがね」が高山駅先着。
1961年(昭和36年)10月1日:ダイヤ改正により「ゆのくに」の名古屋駅発着編成を廃止。

「しらさぎ」登場後[編集]

1964年(昭和39年)10月1日:東海道新幹線開業よるダイヤ改正で向日町運転所(現・吹田総合車両所京都支所)に新製配置された481系電車により名古屋駅 - 富山駅間に特急「しらさぎ」1往復を設定。ただし、車両落成が遅れたため同年12月25日より運転開始。
1966年(昭和41年)
3月5日:準急制度の変更に伴い「こがね」「しろがね」が急行列車化。
10月1日:名古屋駅 - 金沢駅間で急行「兼六」(けんろく)1往復が運転開始。
12月1日:米原駅 - 福井駅・金沢駅間で急行「くずりゅう」が運転開始。
1968年(昭和43年)10月1日:ダイヤ改正により以下の変更を実施。
「しらさぎ」は1往復増発の2往復運転。
「くずりゅう」は3往復増発の5往復(このうち2往復は不定期列車)運転。
「能登」は廃止。
1969年(昭和44年)10月1日:「くずりゅう」を米原駅 - 福井駅間で1往復増発の6往復運転。
1971年(昭和46年)4月26日:「しらさぎ」を1往復増発の3往復運転。
1972年(昭和47年)3月15日ダイヤ改正により以下の変更を実施。
「こがね」・「しろがね」は廃止。
「しらさぎ」は「金星」の間合い運用で南福岡電車区(現・南福岡車両区)所属の583系電車を投入し1往復増発の4往復運転。
1975年(昭和50年)3月10日ダイヤ改正で以下の変更を実施。
米原駅 - 金沢駅・富山駅間エル特急加越」6往復を新設。
「しらさぎ」を2往復増発の6往復運転。自由席を設定しエル特急化。
「兼六」は廃止。
1978年(昭和53年)10月2日ダイヤ改正で以下の変更を実施。
「しらさぎ」の583系による運用を終了[注釈 5]
「くずりゅう」の全列車を定期列車化。
「しらさぎ」「加越」イラスト入りヘッドマークを使用開始[注釈 6]
1982年(昭和57年)11月15日ダイヤ改正で以下の変更を実施。
「くずりゅう」を1往復に削減。
「加越」を1往復増発の7往復運転。
1984年(昭和59年)12月12日:「しらさぎ」の食堂車を営業中止。
1985年(昭和60年)3月14日ダイヤ改正で以下の変更を実施。
「しらさぎ」の食堂車を編成から外す。
「加越」は1往復増発の8往復運転。
「くずりゅう」を廃止(快速格下げ)。

国鉄分割民営化以降[編集]

1987年(昭和62年)4月1日日本国有鉄道(国鉄)の分割民営化により、名古屋駅 - 米原駅間は東海旅客鉄道(JR東海)、それ以外の区間は西日本旅客鉄道(JR西日本)による運行となる。
1988年(昭和63年)3月13日ダイヤ改正で以下の変更を実施。
米原駅 - 金沢駅間で特急「きらめき」を1往復新設。
「しらさぎ」の全列車が名古屋駅 - 富山駅間運転に統一。
1989年平成元年)3月11日:ダイヤ改正で以下の変更を実施。
1991年(平成3年)
3月16日:「加越」1往復を「きらめき」に変更し2往復運転。同時に自由席を設定。
9月1日七尾線電化に伴い「しらさぎ」の1往復が和倉温泉駅発着に延長。
1992年(平成4年)3月14日:「きらめき」の停車駅を大幅に増加。
1997年(平成9年)3月22日:ダイヤ改正で以下の通り変更[広報 7]
「きらめき」を「加越」に統合し7往復運転。

2000年代の動き[編集]

2001年(平成13年)7月12日:「しらさぎ」の名古屋・富山方先頭車に「スーパー雷鳥」から転用のパノラマグリーン車が投入[16]。同時に塗装変更を実施。
2003年(平成15年)
3月15日:「しらさぎ」4往復に683系を投入[広報 8]
7月19日:「しらさぎ」「加越」683系に統一し485系の運用が終了[17]
10月1日:ダイヤ改正により以下変更を実施[広報 9]
「加越」が「しらさぎ」に統合されて廃止。「しらさぎ」は16往復になる。米原駅発着の「しらさぎ」は50 - 60号を付番。
「しらさぎ」は武生駅・鯖江駅に全列車停車。
「おはようエクスプレス」・「おやすみエクスプレス」を運転開始。このため上り「しらさぎ」1本が平日のみ泊発になる。
2004年(平成16年):水害により不通となった高山本線経由「ひだ」の代替として以下の措置を実施。
和倉温泉駅発着の定期列車から金沢回転車を臨時列車扱いで1往復富山駅発着に変更[注釈 7][広報 10]
2006年(平成18年)
3月18日:「しらさぎ」レールゴーサービスを廃止[18]
9月23日:「くずりゅう」米原駅 - 金沢駅間で国鉄色に復元した475系6両編成での復活運転を実施[広報 11]
2007年(平成19年)3月18日:2号車指定席を禁煙車化[広報 12]
2008年(平成20年)3月15日:平日のみ運行されていた泊発の列車を「おはようエクスプレス」に変更。これにより、「しらさぎ」の全列車が富山駅発着に戻る。
2009年(平成21年)6月1日:全車禁煙化[広報 13]

2010年代の動き[編集]

2013年(平成25年)3月16日:JR東海区間(名古屋駅 - 米原駅間)の車内販売を廃止[広報 14]
2014年(平成26年)9月15日:JR西日本区間(米原駅 - 金沢駅・富山駅・和倉温泉駅間)の車内販売を廃止[19][20]
2015年(平成27年)
3月14日北陸新幹線長野駅 - 金沢駅間開業に伴い、「しらさぎ」の金沢駅以東を廃止[21](金沢駅 - 富山駅和倉温泉駅間を廃止[広報 15][広報 3])。また、車両は683系2000番台から681系[10][広報 16][22]、列車編成では基本6両編成、多客期等は9両編成(JR西日本区間のみ、JR東海区間は6両編成)に変更される[広報 2]
4月28日:先の北陸新幹線の金沢開業により、「しらさぎ」運用から離脱された683系2000番台を289系として直流化され、京阪神から南紀方面の「くろしお」と北近畿方面の「こうのとり」「きのさき」「はしだて」に転用されることが正式に発表された[広報 17]
6月頃:683系8000番台の塗装変更が終了し正式に「しらさぎ」として運用開始、入れ替わる形で681系1000番台が「サンダーバード」に復帰する形で本形式での定期運用から撤退。
7月18日:台風11号による大雨の影響で、「しらさぎ」の名古屋駅・米原駅 - 敦賀駅間が終日運休になり、敦賀駅 - 金沢駅間が「ダイナスター」として臨時運転された[23][注釈 8]
2018年(平成30年)3月17日エル特急名称を廃止 [24][25][26]

脚注[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

広報資料・プレスリリースなど一次資料[編集]


参考文献[編集]

寺本光照『国鉄・JR列車名大事典』中央書院、2001年。
今尾恵介・原武史『日本鉄道旅行歴史地図帳-全線・全駅・全優等列車- 6号・北信越』新潮社、2010年。
今尾恵介・原武史『日本鉄道旅行歴史地図帳-全線・全駅・全優等列車- 7号・東海』新潮社、2010年。

関連項目[編集]

日本の列車愛称一覧
サンダーバード (列車)

外部リンク[編集]

しらさぎ 683系:JRおでかけネット - 西日本旅客鉄道
出典:Wikipedia
2020/03/22 14:30
ソ人気記事ランキング
2020/03/31 更新
 1位ありがとう
 2位でじこさん
 3位りんご娘
 4位がむしゃら行進曲
 5位ときた洸一
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant