しみけん (AV男優)
▼人気記事ランキング
2.来歴
1998年昭和学院秀英高等学校卒業。一浪のち法政大学に入学したが、一度も大学に通うことなく中退。
1998年、高校卒業後の浪人中にゲイ雑誌Badi』でデビュー。その後、Badiの編集部員のひとりだったマツコ・デラックスに「あんたはもっと真剣にAV男優を目指すべきだわ」と言われ、AVメーカーに履歴書を送る就活を行い、「君、ウンコ食べられる?」というAVメーカー側からの質問に「ここで『喰えない』と答えれば男優としての道が閉ざされる」と考えた彼は「喰えます」と即答。そして撮影当日、彼はがむしゃらに食べた結果、撮影終了後に監督から『呑み込まなくてよかったのに…』と言われた。すでに食べた彼は撮影後の帰り道、下痢が止まらなくなり数日経っても治らなかったので、病院で治療した。その時の治療費は約2万円。本作のギャラは1万5千円だったので苦痛の上に5千円の出費という痛手をした。しかし、それから多く仕事が舞い込んだ。[10]
2005年、「東京オープンボディビル選手権大会」の60kg級で6位となる[11]
2008年、「AVグランプリ2008」で『しみけんのプライベート7 FUCK』(2007年12月1日アイデアポケット)が、オムニバス部門最優秀賞を受賞[12]
2011年1月1日、AV男優名を本名の「清水健」から「しみけん」に改名した[13]
2015年3月3日、「スカパー!アダルト放送大賞2015」で「抱かれたいAV男優賞」受賞[14]
2015年8月16日、東京・世田谷区にうんこ味のカレー屋『カレーショップ志み津』をオープンさせ話題となる[15]。店は2016年1月4日に閉店した[16]が、同年の4月30日にロフトプラスワンWESTにて一日限定で復活した[17]
[4]前ページ
(1.人物)
[6]次ページ
(3.1.アダルトDVD・VHS)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/09/22 03:30
ソ人気記事ランキング
2019/09/23 更新
 1位日本
 2位清須会議 (小説)
 3位清洲会議
 4位逆鉾昭廣
 5位9月22日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant