さんふらわあ
六星占術|懸賞|姓名判断
毎日更新!楽天ランキング
最新売れ筋商品が一目瞭然!
http://m.rakuten.co.jp/
▼人気記事ランキング
3.引退したさんふらわあ
1.1.さんふらわあ5姉妹
さんふらわあ(日本高速フェリー→大洋フェリー→関西汽船)
11,312総トン、全長185.0m、幅24.0m、深さ15.6m、満載喫水6.4m、主機川崎MAN V6V40/54型中速ディーゼル4基、2軸、連続最大出力26,080馬力、試運転最大速力25.5ノット、車両積載数10トントラック84台、乗用車208台、旅客定員1,124名、乗組員定員87名。
川崎重工業神戸工場建造(建造費:約36億円)
1972年2月より名古屋 - 高知 - 鹿児島航路に就航したが、1974年9月来島どっくに係船され、1976年11月大洋フェリーに売却。1977年3月より大阪 - 苅田航路に就航。1979年6月常石造船で改装工事を実施。1984年11月来島どっくに売却され、12月より関西汽船に移籍し阪神 - 別府航路に就航。1998年4月「さんふらわあ こばると」就航に伴い引退。さんふらわあ5姉妹の中では最後まで国内で運航された。引退後は2000年に韓国へ売却、さらに2005年には北朝鮮に売却されたが、いずれも船舶として使われたかどうかは不明。
さんふらわあ2(日本高速フェリー→大洋フェリー→関西汽船)
12,112総トン、全長185.0m、幅24.0m、過給機付4サイクル6気筒ディーゼル(6520PS,400rpm)×4基 = 19181kW(26080PS)
川崎重工業神戸工場建造(建造費:36億円)
1972年1月進水(進水時さんらいず)。1972年5月より名古屋 - 高知 - 鹿児島航路に就航したが、1976年10月に係船となり、11月大洋フェリーに売却。1977年3月より大阪 - 苅田航路に就航。1979年6月来島どっくで改装工事を実施。1984年11月来島どっくに売却され、12月より関西汽船に移籍し阪神 - 別府航路に就航。1997年12月「さんふらわあ あいぼり」就航に伴い引退。1994年から引退までの間、海水を広範囲にわたって継続的に汲み上げモニタリングを行う、国立環境研究所の定期航路船舶を用いた海洋調査が同船を使用して行われていた。当初はさんふらわあ(初代)を先に引退させ、さんふらわあ2を最後に引退させる予定だったが、間際に台風による欠航により運航パターンが変わり、先に引退する事となった。引退後はフィリピンに売船された。
さんふらわあ5さんふらわあ おおさか(日本高速フェリー→ブルーハイウェイライン)
12,711総トン、全長185.0m、幅24.0m、最大速力25.5ノット、車両積載数10トラック84台、乗用車81台、旅客定員1,079名。
来島どっく建造(建造費:47億円)
1973年3月3日竣工。基本的には1、2番船と同じであるが、総トン数が増加したため操舵室が一段高くなっている。客室関係では、1等船室をバス・トイレ付きにするとともに、ラウンジをインサイドルームにしアウトサイドを客室に充てるなど設備のグレードアップが図られた。1973年3月21日より東京 - 高知航路に就航(那智勝浦港への寄港は7月5日より)、1976年10月より名古屋 - 高知 - 鹿児島航路に転配。1978年4月名古屋 - 高知 - 鹿児島航路の休止に伴い係船となった後、1981年5月大阪 - 志布志 - 鹿児島航路に転配。1984年2月来島どっくに売却してチャーターバック。1990年11月日本高速フェリーの解散に伴いブルーハイウェイラインに移籍し「さんふらわあ おおさか」に船名変更。1993年8月「さんふらわあ きりしま」就航に伴い引退。日本国外へ売却され、SuperFerry(フィリピン)の「SUPER FERRY 10」として運航されていたが、2001年に火災事故を起こし解体された模様である。
さんふらわあ8さんふらわあ とさ(日本高速フェリー→日本沿海フェリー・のちにブルーハイウェイラインに社名変更)
12,759総トン、全長185.0m、幅24.0m
来島どっく建造(建造費:47億円)
1973年7月4日より東京 - 那智勝浦 - 高知航路に就航。1984年2月来島どっくに売却してチャーターバック。1990年11月日本高速フェリーの解散に伴いブルーハイウェイラインに移籍し、「さんふらわあ とさ」に船名変更。1997年7月「さんふらわあ くろしお」就航に伴い引退。日本国外へ売却され、Sulpicio Lines(フィリピン) の「PRINCESS OF NEW UNITY」として運航。
さんふらわあ11さんふらわあ さつま(初代)(日本高速フェリー→ブルーハイウェイライン)
13,599総トン、全長195.8m、主機出力36,000馬力、最高速力26.9ノット、車両搭載数8トントラック84台、乗用車191台、旅客定員1,218名。
来島どっく建造(建造費:60億円)
1974年9月9日竣工。当時、日本でもっとも豪華なフェリーとして建造され、建造費は60億円にものぼった。外観もこれまでの1番船から4番船とは大きく異なり、豪華客船を思わせる直列2本煙突が大きな特徴となっている。1974年10月1日大阪 - 鹿児島航路に就航。1975年9月来島どっくに売却しチャーターバック。1977年2月より志布志寄港を開始。1990年11月日本高速フェリーの解散に伴いブルーハイウェイラインに移籍し「さんふらわあ さつま」(初代)に船名変更。しかし、他の4艘と大幅に違う構造による使い勝手の悪さなどからオリジナルのさんふらわあ5姉妹の中で最も早く1993年3月「さんふらわあ さつま」(2代目)就航に伴い引退。日本国外へ売却され、Sulpicio Lines(フィリピン)の「PRINCESS OF THE ORIENT」としてマニラ-セブ島を結んでいたが、1998年9月19日、台風7号の嵐の中を航行中に沈没し、死者51名、行方不明者216名を出す惨事となった。直接の沈没原因は荷崩れであったが、フィリピンでの大幅なデッキ増設工事により船体が不安定になっていたとも云われる。
運命の赤い糸|脱毛|モテ期
金融|保育士|てんびん座
楽天ポイント最大10倍!
ポイント10倍の注目商品をチェック♪
http://m.rakuten.co.jp/
[4]前ページ
(2.2.フェリーさんふらわあ)
[6]次ページ
(3.2.その他のさんふらわあ)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2017/07/20 01:00
縁結び|ふたご座|賃貸
相性診断|血液型占い|恋愛占い
ソ人気記事ランキング
2017/08/24 更新
 1位島田紳助
 2位七條慶紀
 3位小野道好
 4位山本美香
 5位花咲徳栄高等学校
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant