サービス終了のお知らせ
さだまさし
▼人気記事ランキング
6.人物
6.4.飲食店の経営
1980年代の前半に東京地下鉄赤坂見附駅付近(地下)に「さすらひの自由飛行館」というカフェを経営していた。

店先(地上)にはケンタッキーフライドチキンカーネル・サンダースのパロディで、さだまさし自身の立像が据えられていた。
地下に降りて行くとドアがあるが、そこはダミーのドアで、まごついていると横のところが開くようになっていた。
壁には音響装置があり、ヘッドフォンでさだまさしの曲を聴くことができた。
トイレの壁には「便訓」という張り紙が貼ってあった。
メニューには「あみんセット」(パンプキンパイ・シナモンティー・バラの形の角砂糖)や、アルバム『うつろひ』収録の「分岐点」にちなんだ「分岐点セット」(ミートパイとソーダ水)があった。
この他、渋谷に「モンペトクワ」というレストランを友人と共同出資していた(2004年9月末で閉店。西村知美の夫である西尾拓美が店長をしていた)。故郷長崎市に「自由飛行館」がある。

~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/02/23 03:00
ソ人気記事ランキング
2020/02/24 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位AV女優
 4位住吉会
 5位メイプルソープ事件
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant