さいたま市
▼人気記事ランキング
18.脚注
18.2.出典
さいたま市統計書(平成24年版)「土地及び気象」」
さいたま市統計書(平成27年版)「土地及び気象」に記載の標高で、同資料の注にはさいたま市地形図に記載の標高点の最低・最高のものと説明されている。
総務省統計局ホームページ
産経新聞2017年3月22日 29年公示地価 住宅地3年ぶり上昇 入間IC付近工業地は全国一 埼玉
国土交通省地価公示・都道府県地価調査
さいたま市ホームページ「さいたまWeb/将来の行政区の区割りに関する方針について」
さいたま市ホームページ 「区の色・ロゴマークの使用について」
さいたま市ホームページ 「10区の「区の花」が決定しました」
『図説 浦和のあゆみ』(1993)23-25頁
“第2章 富士見の歴史”. 富士見市. 2017年4月29日閲覧。
『日本歴史地名大系11 埼玉県の地名』(1993)121、210、219、982頁、田代脩・塩野博・重田正夫・森田武『埼玉県の歴史』(1999)18-19頁、『図説 浦和のあゆみ』(1993)30-34頁
『日本歴史地名大系11 埼玉県の地名』(1993)121、219-220、982頁、『図説 浦和のあゆみ』(1993)40-41、52頁
『図説 浦和のあゆみ』(1993)59、69頁
『日本歴史地名大系11 埼玉県の地名』(1993)121、220頁、田代脩・塩野博・重田正夫・森田武『埼玉県の歴史』(1999)78頁、『図説 浦和のあゆみ』(1993)69 - 70頁
『日本歴史地名大系11 埼玉県の地名』(1993)121、220、982頁、『図説 浦和のあゆみ』(1993)73 - 74頁
『日本歴史地名大系11 埼玉県の地名』(1993)121頁
『図説 浦和のあゆみ』(1993)77頁
『日本歴史地名大系11 埼玉県の地名』(1993)983頁、田代脩・塩野博・重田正夫・森田武『埼玉県の歴史』(1999)118 - 119頁
『日本歴史地名大系11 埼玉県の地名』(1993)983頁、田代脩・塩野博・重田正夫・森田武『埼玉県の歴史』(1999)137 - 138頁
『日本歴史地名大系11 埼玉県の地名』(1993)122 - 123、210、221、983頁、田代脩・塩野博・重田正夫・森田武『埼玉県の歴史』(1999)153頁
『日本歴史地名大系11 埼玉県の地名』(1993)122 - 123、211、221、983頁、財団法人日本地図センター『地図で見るさいたま市の変遷 解説』(2003)20 - 21、25頁
『荒川総合調査報告書3 荒川 人文U』(1988)13 - 14頁
『日本歴史地名大系11 埼玉県の地名』(1993)122 - 123、211、222頁
『荒川総合調査報告書3 荒川 人文U』(1988)16 - 28頁
浦和市史 通史編V
『与野の歴史』(1988)228-229頁
国立公文書館デジタルアーカイブ「戦災概況図」
『与野の歴史』(1988)245-246頁
『与野の歴史』(1988)246頁
『与野の歴史』(1988)247頁
合併推進協議会報告書
2000年3月29日埼玉新聞記事「既存市名には抵抗感 県外の投票でも不人気」
大宮市は当初「新都心周辺地域とする」との表現を主張、それが合併協議の過程で「行政の中心」と位置づけられていた浦和市側の反発を招き、「望ましいとの意見を踏まえ」「将来の位置を検討する」との文言が入れられた(2000年4月20日埼玉新聞記事「「さいたま市」へ 痛み分けあった合意」)。
2000年4月18日埼玉新聞記事「新市名は「さいたま市」 将来の市役所 位置新都心周辺含め検討」
広報課の紹介 - さいたま市(2010年10月21日閲覧)
さいたま市の主な広報活動 - さいたま市(2010年10月21日閲覧)
さいたま市長9月定例記者会見 平成19年9月20日(木曜日) (PDF)
つなが竜ヌゥ - さいたま市(2010年10月21日閲覧)
さいたま観光大使 - さいたま市(2015年8月12日閲覧)
さいたま市の歌「希望(ゆめ)のまち」 - さいたま市(2013年12月24日更新、2015年2月4日閲覧)
[1] - さいたま観光国際協会(2015年7月18日閲覧)
http://www.city.saitama.jp/006/014/009/001/p016220.html ばらまつり
http://www.city.saitama.jp/006/014/009/001/p016225.html 見沼通船堀閘門開閉実演
踊る阿呆に見る阿呆〜第33回北浦和阿波おどり大会(もぎたてさいたま情報) - さいたま観光コンベンションビューロー(2010年8月27日付、同年11月1日閲覧)
与野停車場通り 第19回大正時代まつり(もぎたてさいたま情報) - さいたま観光コンベンションビューロー(2010年10月8日付、同年11月1日閲覧)
http://www.city.saitama.jp/006/014/009/001/p016237.html 大宮夏まつり
さいたま市/施策 PR - さいたま市HP (2017年11月26日閲覧)
http://www.city.saitama.jp/006/014/009/001/p016238.html 与野夏祭り
http://www.city.saitama.jp/006/014/009/001/p016243.html 岩槻城址公園桜まつり
[2] 人形のまち岩槻まつり
JR東日本 各駅の乗車人員(2014年度)
松平 乘昌 ふくろうの本『図説日本鉄道会社の歴史』 河出書房新社 P86
土屋武之「通勤電車から「カシオペア」、SLまで 首都圏の輸送を支える 大宮総合車両センター」、『鉄道ダイヤ情報 No.345 〔特集〕現代の車両基地・車両工場』第42巻1号(通巻368号)、交通新聞社、2013年1月、 19頁。
ブラタモリ タモリのブラブラ足跡マップ 『#77 大宮 〜なぜ大宮は 鉄道の町になったのか?〜』 - NHKブラタモリ 2018年2月16日閲覧
祖田圭介「特集:短絡線ミステリー7 −車両工場へのルート− 2-2 JR東日本 (5)大宮工場・OM」、『鉄道ファン』第44巻1号(通巻第513号)、交友社、2004年1月、 18 - 19頁。
祖田圭介「特集:短絡線ミステリー8 首都圏・関西圏JR通勤電車の車両基地 ●東北・高崎線 (2)東大宮操車場」、『鉄道ファン』第46巻1号(通巻第537号)、交友社、2006年1月、 40 - 41頁。
祖田圭介「特集:短絡線ミステリー8 首都圏・関西圏JR通勤電車の車両基地 ●京浜東北・横浜線 (1)浦和電車区「宮ウラ」」、『鉄道ファン』第46巻1号(通巻第537号)、交友社、2006年1月、 22 - 23頁。
石本勇吉「電気機関車の保守・検修を見る−JR貨物・大宮車両所見学記−」、『鉄道ピクトリアル 【特集】電気機関車』第52巻1号(通巻721号)、電気車研究会、2002年1月、 66 - 69頁。
祖田圭介「特集:短絡線ミステリー6 地下鉄の謎」、『鉄道ファン』第46巻1号(通巻第537号)、交友社、2003年2月、 41頁。
「ローカルディア・クロニクル」公式サイト
[4]前ページ
(18.1.注釈)
[6]次ページ
(19.参考文献)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2018/02/18 14:01
ソ人気記事ランキング
2018/02/18 更新
 1位羽生結弦
 2位四日市ジャスコ誤認逮捕死亡事件
 3位2月17日
 4位快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー
 5位金正男
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant