この中に1人、妹がいる!
▼人気記事ランキング
4.用語
世界的大企業。前身は「帝野商事」。 帝野グループの特務機関。グループ内外におこるトラブルを秘密裏に解決する。その存在はごく一部の人間にしか知られておらず、本来は男しか入ることが許されていない。
共明日カンパニー(きょうあすカンパニー)
数年で急成長を遂げた総合企業。帝野グループに比べるとまだまだ規模は小さいが、将来的にはグループの脅威となりうる存在とも言われている。 共明日カンパニーが開発した携帯電話。超高性能ボイスチェンジャーを搭載しており、簡単な操作で芸能人やアニメキャラになりきって通話ができるという代物だったが、巧妙に声が変えられるので悪戯や犯罪に使われる恐れがあるとの指摘を受け、すぐに発売中止となった。
開発者は鶴眞誠二で、その開発の元になった技術論文の執筆者は、嵯峨良芽依である。
作中で「妹」を名乗る人物達は、この携帯電話を利用して将悟にコンタクトを図っている。
私立深流院学園高等学校(しりつみりゅういんがくえんこうとうがっこう)
大正時代に当時の実業家、深流院石人(みりゅういんせきと)により日本を担う企業家の育成を目的に創設された。
帝野熊五郎もこの学校の出身で、財政界に多くの卒業生を輩出しており、現在でも多くの企業家・政治家の子息が在籍している由緒正しい名門学校。上流作法の授業もあるため、現在では上品に娘を育てたいと考える親の子も多く入学しており、将悟のクラスは7割方が女子生徒である。また、社交辞令についての学びも兼ね、生徒会の主催でダンスパーティーが開かれる事も多い。
改造戦士グランベリオン(かいぞうせんしグランベリオン)
将悟が子供のころに放映されていた特撮ヒーロー番組。マイナーな子供向け番組であったが将悟は好きで、事故前後の記憶を失っている今でも登場人物や作品設定を覚えていた。 グランベリオンに登場するキャラクターの一人。機械生命体のメイドで、グランベリオンを「お兄様」と呼んで、兄のように慕っていた。それを心乃枝は兄弟による設定だと思い勘違いしていた。演じていたのは子役時代の柚璃奈で、幼少期に仕事先で会った少女の言葉遣いなどをモデルにしている。
いもうとカフェ りりかる☆しすたぁず
芽依が経営している妹カフェ。「しすたぁず」と呼ばれる店員が妹に扮して接客を行う。
[4]前ページ
(3.4.主要人物の縁者)
[6]次ページ
(5.1.小説)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/06/17 09:31
ソ人気記事ランキング
2019/10/23 更新
 1位日本
 2位矢島健一
 3位山口組
 4位10月22日
 5位司忍
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant