がん抑制遺伝子
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
がん抑制遺伝子(がんよくせいいでんし、: tumor suppressor gene)は、がんの発生を抑制する機能を持つタンパク質(がん抑制タンパク質)をコードする遺伝子である。特に有名ながん抑制遺伝子として、p53、Rb、BRCA1などが挙げられる。2倍体の細胞において2つのがん抑制遺伝子両方が損傷することなどにより、結果としてがん抑制タンパク質が作られなくなったり、損傷遺伝子からの異常ながん抑制タンパク質が正常がん抑制タンパク質の機能を阻害すると、組織特異的にがん化が起きると考えられている。
今までに、十数以上のがん抑制遺伝子が知られており、組織特異的であることが多い。ただしp53の変異は大腸癌乳癌など非組織特異的とみられる。一方、Rbの変異は網膜芽細胞腫骨肉腫など、BRCA1の変異は家族性乳がん、子宮がんなど、MSH2の変異は大腸癌などに見られる。これらのがん抑制タンパク質の機能は細胞周期チェックポイント制御、転写因子制御、転写、DNA修復など多岐にわたっている。これらのがん抑制遺伝子群の諸機能が解明されることにより、がん発生メカニズムの巨大な謎が解かれつつあると考えられている。
目次
1.歴史
├1.1.がん抑制遺伝子の発見
├1.2.がん抑制遺伝子としてのp53遺伝子
├1.3.ミスマッチ修復タンパク質群
└1.4.最近の知見
2.一覧
3.がん感受性遺伝子との用語的な区別
4.参考文献
5.出典・脚注
6.関連項目
出典:Wikipedia
2018/06/20 20:00
ソ人気記事ランキング
2019/08/18 更新
 1位日本
 2位玄倉川水難事故
 3位雅樹ちゃん誘拐殺人事件
 4位千と千尋の神隠し
 5位二・二六事件
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant